ネパール人から見た日本…の奥さん

2017.02.27.01:02

ネパールにはこんな言葉があるそうです。

「アメリカン ライフ
ジャパニーズ ワイフ
インディアン ガナ
チャイニーズ カナ」

笑。
韻を踏むのが芸術の文化なので、さすが語呂がいいですよね〜。
英語とネパール語がまぜこぜ。
ちなみに、良いもの特集らしいですよ。
生活はアメリカ、奥さんは日本人、歌はインド、料理は中華。
実は日本人奥さんの評判の良さ、ネパールではかなりです。
いわゆる大和撫子というか、3歩下がってというか、そのあたりの知識なんでしょうね…
その話を時々持ち出されますが、う、うーん、何て答えたらいいのやら…
奥さんにかぎらず、ネパールでは日本は結構評判が良いことが多いです。
その知識は、時々間違ってますが(笑)
はてさて、奥さんの話は…



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コーヒー豆をパッキングしている間に昼食!

2017.02.25.00:23

カトマンズ滞在記パート2は題して「コーヒー豆をパッキングしている間に昼食!」です。
実はコーヒー屋さん、注文してからパッキングしてくれるので、たくさんだとちょっと時間がかかります。
その時間を利用して、私たちは昼食をとることにしました。
カトマンズ滞在の最大の楽しみといえば、美味しいもの!なのですが、もはや田舎者の私たちは外国料理のレストランでなくてもよくなってきているようです。
今回のチョイスはナンとカレー。
しかもすごくローカルなお店。
でもね、私たちの住む町ではナンとカレー、食べられないんです。
だから、ローカルなお店でも、ナンが食べられるだけご馳走なんです。
というわけで、コーヒー屋さんの道路をはさんだ向かいにあるタンドールの看板に吸い寄せられました。
見た目は…バラック小屋?

201702250022093e4.jpg


ドキドキワクワクしながら中を覗くと、お、お客さんがいる!
これは良いかも。

メニューはほんと、ごく普通のタンドール料理店。
(しかし、その普通はカトマンズの普通であって、我が町の普通ではない😓)
ナンが1枚30ルピーという、お値段もごく普通。
ちょっと贅沢してスタッフドチーズナンを1枚とプレーンナンを2人それぞれ1枚、チキンカレーとチキンバターマサラを頼みました。
チキンカレーとチキンバターマサラの違いは…名前の通り、チキンバターマサラの方が、スパイスたっぷり、こってりって感じでしょうか。
ちなみにこのオーダー、かなりがっつり!!
お腹すいちゃって、ついつい頼んでしまいました。
そして、美味しかった!!
サダカナ(お肉のアイテムのない普通の定食。いわゆるダルバート。お代わりし放題)を頼む人も多く、これもおかずの種類が多くて美味しそうでした。
私たちのお会計はなんとこれで500ルピー。
や、安い!!
いえ、別に安くはないんですが、やっぱり外国料理を頼むと2人で500ルピーでは絶対に収まらないので、このお値段でこのボリューム、このお味は素晴らしかったです。
私たちからしたら、ナンとカレーも十分外国料理なので…
カトマンズ在住の方からしたら、なんのことはないお店かもしれませんが、旅行者の方、そしてネパールの田舎にお住まいの方には、オススメです😊

20170225002211613.jpg



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

美味しくてリーズナブルなコーヒー豆屋さん

2017.02.23.02:25

それではカトマンズ滞在の思い出を…

今回、忙しかった中でもどうしても行きたかったのが、コーヒー屋さん。
飲む方じゃなくて、家用のコーヒーを買いたかったんです。
(もうなくなりそうで、1日1杯!という指令が親友から…💦)
ネパリチヤもいいけど、やっぱりコーヒーは欲しい(⌒-⌒; )
ということで、スンダラから5番テンプーで行けるコーヒー屋さんに行って来ました。
ヒマラヤンジャバでも使っているコーヒー豆を売っている…らしい。
あ、今日の情報、全部、親友の受け売りです。
我が家のコーヒー大臣は彼女なので。
その美味しいコーヒーが1kg1300ルピーという格安で手に入る貴重なお店…らしい。
豆でも粉でも買えますし、小分けにしてもらっても同じ値段という便利さが魅力…らしい。

ちなみに、そのお店ではコーヒーを飲むこともできます。
コーヒーを飲んだ親友の感想、「なんでだろう?なんか知っている味って思ったら、うちで飲むコーヒーと豆が同じだった(笑)」
そりゃ、そうだわね〜…( ̄∇ ̄)

20170223022404e9b.jpg


お店情報です。
MOUNTAIN COFFEE BEANS PVT.LTD.
Lazimpat, Kathmandu, Nepal
Tel: 01-4432870


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

トイレ休憩にトイレがあるという驚き

2017.02.20.19:27

さてさて、楽しかったカトマンズ滞在…といきたいところなんですけど、というか、いくはずだったんですけど、その前に個人的にちょっとムフフと嬉しかったことがあったので、それを先に…
それは、「トイレ休憩にトイレがあった」!!
はい?当たり前でしょ?と思われた方は、多分ネパール国内旅行のご経験の無い方かと思います。
ネパールのバス旅、トイレ休憩で時々止まってくれますが、たいていそれは野原で用を済ませてきてね〜という意味です。
本当に囲いも何もありません。
他の国で、トイレが汚いなんて悩みを聞きますが、トイレがあるだけマシではなかろうか…と私は思っています。
ちなみに私たちはこのトイレ休憩を、ひそかに「ジャングルトイレ」と呼んでいます。
男性はともかく、女性も…
正直、できる限り避けたい乙女心のまだある私です(笑…ツッコミは要りません!)
それが、今回のバス旅中、ほぼほぼ全てのトイレ休憩場所に、トイレがあったんです!
まあ、それが単なる囲いと溝(隣に人がいたらまる見え…。並んで仲良くスタイル…。)であったとしても、囲いがあるだけ良い!と思います。
ちなみに、トイレが汚いとか臭いとか、流れてないとか、そういうことは決して嬉しくはないですが、仕方がないとあきらめられるようになりました。
そう、とにかくトイレ…もしくはトイレらしき囲い…があるということが大切なのです!
今回のトイレ休憩にトイレがあったのが、トイレがだいぶ普及してきたからなのか、それとも今回の運転手さんが良い人だったからなのか、真相は不明ですが、バス旅のストレスがだいぶ減りました。
是非とも今後もバス通りにトイレを普及させていただきたいものです。

と、トイレトイレ連呼する乙女でした(⌒-⌒; )



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

カトマンズで役所関係たたかってきました(⌒-⌒; )

2017.02.19.22:51

緊急でカトマンズに来ていました。
昨日のナイトバスで来て、今日のナイトバスで帰るという0泊3日の旅です。
なんだかんだ言って、この方法が1番ラク〜(^^)
今回はフットレスト付きのデラックスバス💜で、行きも帰りも同じバスでした。
主には役所関係のお仕事で呼び出され、来たんですが、ついでにファクトリー関係の布の購入などなど、めいっぱい動きました。
時間も体力もゆとりがなかったので、タクシーをフル活用。
で、わかったこと。
メーター制が規則になったと聞いていたけど、全くのウソ…
というか、通用しない…
結局、交渉制でした…orz
「メーターで行って!」と言っても、壊れてるとかなんとか言って乗せてくれません。
外国人だからなのかなぁ…(~_~;)
外国人に見える格好はしてなかったんですけど(笑…着の身着のまま…💦)

メインの役所関係のお仕事はあまりに「ネパール」過ぎて(失礼な言い方でスミマセン)、苦笑するしかありませんでした。
小学生でもわかるような計算を何度も電卓で打ってみせて、ようやく納得してもらったかと思ったら、数時間後にまた電話でなんだか訳のわからない論理を持ち出され、また呼び出され…
もう疲れ果てたので、理解してもらうことをあきらめました(⌒-⌒; )
さらに、政府のお偉いさんたちの中で、規則の共通理解がなされてないらしく、とりあえずミーティングしなくちゃいけないから…と私たちの仕事は前に進まないらしい…
政権がかわったせいで、ドタバタしている模様です。
が!政権がかわったからといって、規則まで変えないでほしい…
百歩譲ってそこはいいとしても、新しい規則がきちんと施行されるまでは以前の規則でとりあえずまわしてほしい…
規則が定まらないからあなたたちの仕事はできませんっておかしいでしょ…( ̄∇ ̄)
って愚痴です、単なる…
頑張って、ミーティングして、早く決めてくださいね〜と願うばかりでございます。
そして、1時間で終わるから急いで来てと言われた仕事は、結局終わりませんでした〜(^^)

はい、愚痴終了!
では、次回はちょっと楽しいお話?カトマンズ滞在記にしたいと思います!



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村
プロフィール
ひまりです。 ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
お気に入り
格安航空券はこちらから
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム