FC2ブログ

ティハールの街の様子

2018.11.11.17:39

だいぶ寒くなってきて、水浴びの辛い季節となりました。
昼間は暑いので、まだは水浴びしやすいのですが、どうしても時間が取れず、夜になってしまうと、めちゃめちゃ勇気が要ります。
最近見出した方法は、まずバケツにいっぱい水をはっておいて、一気に全身にかける方法。
水道の水は勢いがないので、ちょっとずつしか流せず、余計寒いということがわかりました(気づくのが遅い…)

さて、ティハールも今日が最終日です。
街の様子をちょっとお伝えしてみようかな。
最近、だいぶティハールの様子も様変わりしつつあります。
少し前までは玄関前に牛糞(ヒンズー教では神聖なものとされる)で模様を描き、醤油皿くらいの小さな土のお皿に油を入れ、火を灯すか、ろうそくに火を灯して飾り付けするのが主流でした。
それが最近では玄関前の模様はインドの方法を取り入れて色とりどりの粉で書く家が増えてきています。
20181111202915402.jpeg
201811112032309d7.jpeg
そして、光の飾り付けも電飾…
201811112029169af.jpeg
昔ながらの火を灯すお家もありますけど、バジャール近辺はこんな派手な電飾をする家もどんどん増えています。
玄関から家の中には足跡…
20181111203229c72.jpeg
これはお金の神、ラクシュミを招き入れる風習だとか。

太鼓を叩き、歌い、家々を回って踊るバイロは、今ではスピーカーから音楽を流して踊る大掛かりなものに。
ちなみにこの時、お家の人はお金やロティやお米などを渡すのですが、お金は最後のひとけたが0にならないようにして渡すそうです。
例えば100ルピー渡したかったら105ルピーみたいな感じで。
この時たくさん渡せば渡すほど良いとされるのだとか。(神が始めた風習と信じられています)

地域によってロティの種類は多少異なりますが、私たちの住む町ではこのフィニロティが有名です。
201811112039062b6.jpeg



にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ
スポンサーサイト

菜の花畑、ティハール…季節の話

2018.11.08.00:29

マスタードの花がきれいな季節です。
どこに行っても一面の菜の花畑!

201811080328253d3.jpeg



さて、ダサインと並んで大きな祭りティハールの真っ最中です。
電飾やろうそくで家を飾り、色粉で玄関に模様を描き…街中が華やかです。
さらに、今日からはバイロと言って、歌い踊りながら家々を回る行事が始まりました。
ご近所さん同士で作った小さなグループから100人近い規模の大きなグループまで様々。
家々で踊りを披露しては、お金やロティをもらいます。
1番のメインはバイティカ。
今年は今週金曜日です。
女兄弟が男兄弟にティカをするそうです。
そのため、結婚している女性たちは、みんなこの日に向けて実家に里帰りします。
ティカの際には、黄色やオレンジ色の花で作った首飾りもかけてあげます。
昨日がククルプジャ…犬のプジャの日だったので、昨日は色粉をつけられ、花の首飾りをかけられた犬にいっぱい出会いました(⌒-⌒; )
この日だけは犬たちもご馳走にあずかります。
ティハール前はみんなロティ作りで大忙し。
日持ちする油で揚げたロティがメインです。
この地方ではフィニロティというちょっとパイっぽい感じのロティ、クルマロティという模様をつけてクルクル巻いた硬いロティ、ダベロティという丸いクッキーのような形のロティ、シカマリという見た目インスタントラーメンに色をつけたようなロティ、アダルサ(チニロティ)という甘いロティ、シェルロティという米粉で作ったかためのドーナツのようなロティなどが作られます。
チョウダリ族は米粉の生地を蒸して作るデグリというかためのお餅のようなロティも作ります。
ほとんどのロティはそれ自体の味はほぼほぼ粉と油の味。
少しお砂糖が入ることもありますが、とっても素朴。
アチャールやチヤ、タルカリなどと合わせて食べると美味しいです。
油で揚げるので、私はあまりたくさん食べられないのですが、なんとなくみんなが作っているのを見ると、作りたくなってくるから不思議。
私はティハールに間に合わせる必要はないので、今度のファクトリーのお休みにでも友人たちとロティ作りしよっかなと話しています。



にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ

ポカラ「ラトナコーヒー」でリディアデザイン(ひまりファクトリー)の商品が購入できます!

2018.10.30.21:14

しんどーい!!
起き上がれない〜!!
(笑)

つい先日、妹夫婦(のような友人たち)の実家がある山まで往復280km、スクーターで旅行し、昨日までポカラ旅行往復600km弱をスクーターで旅行し…全身痛くてたまりません💦
ネパール人の友人たちみんなに、「スクーターの能力をこえているからやめておきなさい!」と忠告されたり、「スクーターでそこまで行った人いないよ!普通、考えもしない!」と驚かれたりしながらも、バス旅がどうしても嫌で、親切な日本人友人ご夫婦に付き合っていただいて、スクーターでの旅にしたのですが、やっぱり連続旅行の無理がたたってます(笑)
ネパール…道がひどいですからね〜。
帰ってきたら、顔も耳の中も鼻の中も洋服も、砂埃で真っ黒!
さらに、ガタガタ道の振動で、若干車酔い…(笑…普通、スクーター運転してて車酔いします?)
車体を抑えるために腕と足を踏ん張るせいで筋肉痛やら何やら。
まあ、バスでも天井に頭ぶつけ、シートに落ちたはずみで尾てい骨をやり…、満身創痍になりますから、スクーターだったから特別ひどいわけではない…と思ってますが。
バスで行ってもスクーターで行っても、結局どうやって行ってもしんどいんです(⌒-⌒; )
ちなみに、道だけでなく、宿泊環境もひどかったので、疲労が限界。
金銭的に裕福でない友人たちとの旅なので、とにかく節約!
500ルピーの部屋に3人で泊まりました。
それでも贅沢した方で、ほかの友人たちは1人100ルピーにおさえていました。
お湯はもちろん出ないし、トイレ、水道共同(シャワーはもちろんない!)。
なんかよく考えたら、テレビとかで見る刑務所のよう…あ、失礼。
そして、とにかくまわりの音がうるさくて!
2日目以降は疲れ果てて、音も気にせず眠ってましたが…
その前の山の村への旅行では、友人の親戚宅にホームステイ。
薄い布団で雑魚寝。
2畳くらいのスペースに6人とか、ちょっと無理がある…(⌒-⌒; )
今までも何度も経験してきたシチュエーションですが、年齢を重ねるとともに限界が…(苦笑。そんなこと言ったら怒られそうですが😅)

そんなわけで、今日はグッタリ…
起き上がれない1日を過ごしました。

さて、本題。
ポカラ旅行で「ラトナコーヒー」さんにお邪魔しました!
優しい笑顔が素敵で、気さくな、ポカラ在住の日本人ご夫妻が経営されています。

201810310005322a9.jpeg

ネパールでは珍しいドリップバッグのコーヒーを売り出しておられます。
ファクトリーと一緒にコーヒーの飲めるテイスティングショップがあります。
とってもリーズナブルに美味しいコーヒーをいただいて(ミルクコーヒーを頼んだら、ふわふわの泡!本当に美味しかったです。)、しかもサービスのドーナツがまるでオールドファッション!
ネパールには珍しいドーナツで、満喫させていただきました。

20181031000529b3e.jpeg

パンケーキやコーヒーゼリーなどのスイーツも充実しているようなので、次回は是非挑戦したいです。
さらに!我が「リディアデザイン(旧ひまりファクトリー)の商品を置いていただけることになりました。
初のポカラ進出です!
「ラトナコーヒー」さんの、とっても可愛らしいテイスティングショップに、私たちの商品が並ぶなんてちょっと感動♪

201810310005309e0.jpeg
スタッフさんも可愛らしい女の子たちです!ステキな店内。

2018103100052930a.jpeg
一角に私たちの商品を置かせていただけました!

是非、ポカラ旅行の際はのぞいてみられてくださいね!
コーヒーも本当に美味しくて、おすすめです!(しかも安い!)

ラトナコーヒーさんのホームページはこちら↓
ラトナコーヒー


にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ


ダサインとファクトリーのお仕事

2018.10.19.11:37

今日はダサインのメインのティカの日。
昨日まで祭りの準備で大賑わいだった街が嘘のように静か!
閑散としています。
午後くらいからは額をティカで真っ赤にし、耳に稲(?)のようなものをつけた着飾った人たちが歩き始めると思いますが。

ティカの日の数日前からは、みんな細かいお金集めに必死なので、お店に細かいお釣りがなくて困ることが多いです(⌒-⌒; )
昨日も120ルピーのジャガイモを買って500ルピー出したら、お釣りがないと言われてしまいました( ;´Д`)
「後で払って」と言われるのが、私は大嫌い。
ネパールはツケ払いが普通ですが、私は気持ち悪くて仕方がないので、どうにかお金を崩してすぐに支払いに戻りました。

我がファクトリーもさすがに今日はお休み。
昨日まではダサイン前のオーダーやら何やらで、大忙しでした。
まだ明後日までのオーダーなどもあるので、本当は今日も開けたいところですが、さすがに今日は開けるわけにはいかないので、昨日は暗くなるまで残業して頑張りました。
私たち日本人スタッフ2人もファクトリーに詰めて、1台だけある電動ミシンを使って製作活動。(ネパール人スタッフは足踏みミシンを使っています…が、私たちは足踏みミシン使えないんです💦現代っ子でスミマセンって感じ。)
手作業でできる作業も私たちが引き受けて、昼食も抜きで、総がかりでお仕事でした。
暗くなって手元が見えなくなり、大きな蚊にいっぱい刺され、主婦たちは夕食作りの時間に焦り、仕方なく作業終了。
残りのお仕事は休み明けに持ち越しです。

ダサイン前後はカトマンズへ行き来するバスが大混雑します。
またティカの日とその前日はバスが走るかさえ微妙。
ネパール国内移動がとっても大変な時期です。
この時期はできるだけ移動しないことをおすすめします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ

ブルーブックを紛失したら…

2018.10.08.22:47

ブログ更新がだいぶ遅れていた理由…
それは、政府の役人によるファクトリーの監査がストレスでストレスで仕方なかったからです😤
正直に真面目にお仕事しているつもりですが、なんだかんだ難癖をつけられる😅のが、この監査。
ようやく今日、終わりましたー。
朝7時からという日本では考えられない時間に来てくださいました。
まあ、オフィスタイムはオフィスの仕事があるから来れないと言って、この時間帯に来てくれる政府の役人さんも大変ですよね。
そういう意味ではとっても感謝なんですけど(⌒-⌒; )
やっぱり、疲れました( ;´Д`)…苦笑

さて、この重荷が終わったので、ようやく書けそうです。
ブルーブック(バイクの所有者証みたいな?)を紛失したら、どうするか…
①バイクを登録したヤタヤタ事務所のある管轄区域内のトラフィックポリスでニベダンを書いてもらいます。(カトマンズに場合は免許証紛失の手続きとほぼ同じ手順です。私の住む街は田舎なので、手書きで願書を書かないといけませんでした。ネパール語が苦手な方はネパール人に手伝ってもらう方がいいかもしれません。)
②バイクを登録したヤタヤタへ。
③私の住む街の場合は…受付(単なる机と椅子が入り口に置いてあるそこでした。要領よく頑張らないと自分の番がまわってきそうになかったです。私は一緒に行ってくださった友人が助けてくれたので、うまいことやってもらうことができました。)→経費の支払い→ビルを持って役人のところへ→書類を書いてくれる人が台帳から自分の登録を探してくれ、その情報から新しいブルーブックを作ってくれ、役人のサインをもらうのに一緒に回り→見事完成!
でした。書類書きの人に500ルピー手数料を取られましたが、この仕事を自分でするのはちょっと厳しいので、やってもらえばいいかなと思いました。(ネパール人もみんなそうしているようでした)

こんな感じで、ブルーブック紛失から再発行まではそんなに難しい手順じゃなかったのですが、私の場合はさらにひまりファクトリーからリディアデザインへの名義変更も行なったので、これにちょっと手間取りました。
個人ではなく、会社名義なので余計に…
でも、3時間ほどで全ての仕事が終わりました。
ずっと付き添ってくださった友人のおかげで、めげることなく頑張れました(笑)

というわけで、晴れてパスポート、ライセンス、ブルーブック全てをゲット。
早速あちこちでトラフィックポリスのチェッキングでとめられてますが、安心して書類を見せられています(笑)
なんだか、最近すごく多くて…
この間も1日に3回も止められ、今日も2回止められ…笑
しかも、日本人とわかるといろいろ聞かれてちょっとメンドイ。
今日も「日本に連れてってよー」と言われ、適当に答えながら抜け出しました。
何はともあれ、書類が全部そろって本当に良かったです。

ネパールで、各種の書類をなくして困っているあなた!大丈夫です。
ちょっとメンドイけど、監査のストレスに比べたらなんでもないです( ̄▽ ̄)
為せば成るので、安心して落ち着いてひとつひとつの仕事に取り組んでくださいね!(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ
プロフィール
ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
リンク
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム