看護師が教えるネパールで持病の薬を手に入れる裏ワザ…追記あり

2016.01.26.21:12

ついに薬に手を出しました(苦笑)
あれだけ病院に行くの嫌がっていたくせに、いい加減ウンザリしてきて、もう薬飲まなきゃ治らないんじゃないかと…はい、弱気になりました(笑)
ここまで自然治癒力で治しておいて、なんだか悔しい気もしますが…
まあ、早く治すほうがいいかなーと。
そして、気づいたんです。
何もヤブ医者の言いなりになることはない!
自分で薬指定して、薬局で買えばいいのだと!(気づくの遅い!)
幸い、ネパールではほとんど素人に近い人がやっている薬局でも抗生剤はじめ、ありとあらゆる薬が手に入ります。
これこれくださいと言えば、さらっと売ってくれます。
ということで、買ってきちゃいました。
何を買ったかはマネする方がいらっしゃると責任感じちゃうので、非公開にしておきますね。

ここからちょっとお役立ち情報です。
持病のある方、常に飲んでいる薬のある方、ネパールに住むとしたらどうやって薬を手に入れたらいいの?と不安になるかもしれませんね。
でも、ほとんど心配いりません。
まず、インターネットで自分の飲んでいる薬の商品名を検索して、成分を調べてください。
すぐに英語で成分と量(mg)が出るはずです。
それを、メモしましょう。
そして街のあちこちにある薬局で見せてください。
大きめの薬局が品揃え豊富なのでいいと思いますよ。
なかったら何軒か聞いてみてくださいね。
量を間違えないようにだけお気をつけください。
同じ成分でもmg数が違う場合がありますからね。

万が一、なかったとしても「これはどう?」と同じような薬効の物を紹介してくれることもあります。
その名称をメモして、医師に聞くか、ネットで調べることができます。

この方法で手に入ることがわかったら、日本で買うよりずっと安く手に入れられるはずです。
1回目のネパール訪問で手に入るかどうか確認して、2回目からはその方法を使うといいですよ。
(なお、薬のことですので、自己責任でお願いしますね。)
追記:薬の質についてはよくわかりません。心配な場合はご自分で調査されることをお勧めします。


今日のタイトル…自分でつけておきながら恥ずかしいです(汗)
こんなときだけ、看護師ズラして、ほんと嫌だわー、恥ずかしい。
でも意外とこの方法皆さんご存知ないようなので、ちょっと助けになればと思い載せてみました。
でも、ホント、あくまで自己責任でお願いしますね。


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

安全な水確保のための努力→ 抗酸化水が毎日飲める!

2015.05.09.22:31

海外に行くならどこでもそうですが、安全な水の確保というのが必要不可欠です。
ネパールでは、1リットルボトルの飲み水が20~30ルピーで、たいていどこでも手に入るので、旅行者はその水を飲めばまず問題ないでしょう(ちなみに、それでもお腹を壊すから沸騰させるという友人もいます)。
でも、住むとなると、その水をいつも買うには高すぎます。
それで工夫が必要になってきます。

ネパール人は一般的に水道水をろ過(フィルターと言います)して飲んでいることが多いようです。
ネパール在住でしたら、銀色の水をフィルターするとってもシンプルな仕掛けの容器を見たことがあるかもしれません。
日本人の場合、これで飲めるかどうかは水道の水質検査をして考えた方がいいでしょう。
そして、直接飲む場合には必ず一度沸騰させることをお勧めします。
でも、多くの日本人(そして、ネパール人でも安全志向の人)は大きなボトルの飲み水を買っています。
20リットル(だったかな?)の水、容器は1回購入すればあとは詰め替えてもらえるというシステムがカトマンズでは一般的です。
ただし、この水も安全とは言い切れません。
詰め替えの時の衛生面が保証できないからです。
この場合も沸騰させて飲んだ方が無難です。

田舎になると、この大きなボトルの水が手に入りにくいことがあります。
我が家でも、遠くのお店まで行かないと手に入らないし、配達システムはないし、しかもその水を沸かしたら白粉が浮く…という水質の不安もあるしで、この方法はあきらめました。
となると、どうするかですが、きれいな井戸水が手に入る場合、それをろ過して、沸騰させて飲むという方法があります。
(ちなみに私たちはネパール人の家に行った場合、井戸水をそのまま生で飲んでいます。今のところお腹を壊したことはありません。が、常用としてはどうなんでしょう…)
水道水できれいな水が手に入る場合も同様にできます。

が、私たちが住む町の場合、結構な石灰水で、水を何日か器に入れておいておくと器が真っ白になってしまうような水質なんです。
そのせいか、この地方の人はやたら結石が多い…。
恐れをなした私たちは、違う方法を考えました。
それは、インド製の浄水器を購入すること。
これは非常に高機能な浄水器でお値段も1万5000ルピー~2万ルピーと非常にお高いです。
初期投資以外にもメンテナンスに少しお金がかかります。
でも、安全な水のためだったら、惜しくない!健康を害してからの治療代として使うよりもずっといいお金の使い方だ!と決意しました。

で、使ってみての感想なんですが、やっぱり使ってよかった…。
少しの飲み水を作るのに、ものすごい量の廃棄水が出ます。
汚い水を飲んでたんだなあと実感。
ちなみに、この廃棄水は洗濯や掃除に使っています。
このお水は沸かしても、長時間おいても白いものが浮いてきません。
ただし、すこ~し、かすかにですが、化学的な味がするんです。
私、においや味に敏感なので、これが気になってしまいます。
試行錯誤していたのですが、いきついたのがエコパラダイスという会社のペットボトル。
1時間そのペットボトルに水を入れて放置すると抗酸化水ができるというもので、値段もお手頃だったので購入してチャレンジしてみました。
これが大成功!!
臭いは消え、とてもまろやかな美味しい水になったんです。
しかも抗酸化水って体にいいらしい!
一石二鳥!!
ということで、ペットボトルだけでは物足りず、同じ仕組みのバケツも買って、ジャンジャン抗酸化水を作っています。
このバケツがまた大正解!!
ネパールでは、きれいにした水を保存する容器というのもこれまた大切なのですが、保存容器としても活躍してくれています。
保存しながら抗酸化水もできて、大助かりです。
ちなみに、ネパール人も「このお水美味しい!どうして?」というほどの美味しさ。
「ミネラルウオーターなの?」と聞かれても、「うちの水だよ」と笑ってごまかしています(笑)
ネパール人が喜んでいっぱい飲んじゃうことだけが欠点かな?(ケチですね…笑。なにせ、労力欠けた水ですから)


 エコパラダイスペットボトル

 エコパラダイスペットボトル
価格:388円(税込、送料別)





1クリックの応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村




ネパールでの必需品 リーベンの晴雨兼用傘

2015.04.25.00:09

朝晩涼しくても昼間はカーッと暑くなることの多いネパール。
高度のある場所では、結構日差しが強いですし、タライは言うに及ばず灼熱…。
日傘なくして生活できません。
しかも急に雨が降ることもあるので、晴雨兼用が役に立ちます。
(ネパールの天気は変わりやすく予測できません。まるでネパール人の心のよう…笑)

実は今日、朝出かけるときは曇っていて、昼間カーッと暑くなり日傘がほしい!と思ったら、夕方からは雨が降り雨傘がほしい!と思いました。
どっちも持ってなかったんですけど…orz

ということで、ネパール旅行およびネパール生活になくてはならない必需品が晴雨兼用の折り畳み傘です。
特にカトマンズの場合、ぎゅうぎゅう満員の交通機関に乗ることを考えると折り畳みがおすすめ。
私は何度が折り畳みじゃない傘を持ってバスに乗って、人と人の間に傘が挟まり、折れました…orz

そして、私が選ぶのはリーベンの晴雨兼用傘。
丈夫だし、UVカットももちろんばっちりだし、その上遮熱遮光機能がついています。
少しでも涼しく過ごしたい…という願いを満たしてくれる日傘なんです。
15分後に普通の日傘と比べて8度以上涼しく感じられるのだそう。


もちろん日傘なんて1000円で手に入るご時世だから、ちょっと高く感じないわけでもないけれど、やっぱりこれを選んじゃいます。
ネパールで学んだのは、ほんのちょっとの値段の差で、質の差が大きく出る!ということです。

でも、実は、前回も買ってきたこの折り畳み傘、カトマンズでなくしちゃったんです(涙)
日本に帰国したら即購入しよう!と決意しております。

ちなみにリーベンの傘は日本にいるころからのお気に入り。
用途に合わせていろいろなサイズや機能付きの傘があるので、何種類か購入していました。
楽天のリーベンのお店への入り口はこちらです
   ↓



いつも応援ありがとうございます!
1クリックで応援お願いします!
    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

ネパール生活の必需品。切ったり…膿んだり…怪我が絶えないので。

2015.04.19.15:38

なぜか、非常に怪我をすることの多いネパール生活。
しかも暑いし、菌がうようよしている(?)からかなんなのか、すぐに膿みます。
ピアスの穴も、あけて1か月しても安定しないで膿みだしてしまうという悲しさ。
道路にも危険がいっぱいで、足にくぎが刺さっちゃった~!とか、転んじゃった~!とか、日本ではありえないことがよくおこります。
消毒や抗生剤の塗り薬などを持ってきていましたが、最近優れものを発見し、はまっています。
それが虎杖伝説クリームなるもの。
筋肉痛などに効くと聞いていたのですが…。
ピアスの穴が膿んだ時にためしに塗ったら、早ければ1日、遅くとも3日で治るのでびっくり。
それ以来、口内炎にも、怪我した傷にも、筋肉痛にも、なんにでもこれをぬっています。



薬を使うより、精神的負担も少ないですしね。
効果は今のところ私と同居の友人に関する限りお見事です。
ということで、私のネパール生活のお供になってくれました。
しかも、すごく伸びがいいので、1本で1年以上使えてしまうのが嬉しい限り。
ネパールにいると、すぐに買い足すというわけにいかないですからね。

海外に移住する方に何を持って行くといい?と聞かれることが多いので、時々、私の独断によるおすすめ商品をご紹介していきたいと思います!

いつも応援感謝です。今日もぽちっとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村



プロフィール
ひまりです。 ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
お気に入り
格安航空券はこちらから
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム