赤ちゃんとの触れ合いの不思議

2017.01.07.11:35

昨日は夜勤後、友人と昼食(日本のランチってすごい!と感動😋おしゃべりも楽しかったです。)それから美容院に行ってきました。
美容院に行くと、ちょっとさみしい…
好きな髪型できないですからね〜。
ネパールに戻ることを考えると。
ま、仕方ないか。
お産もそうなんですけど、大事なもののためにはそれ以外のものを捨てなくちゃいけないことがあります、時々。
二兎を追う者は一兎をも得ずってホントです。
その判断を誤らないように…お産も人生もですね(o^^o)

今日は助産師豆知識。
母子同室って言葉をご存知かと思うのですが、入院中、赤ちゃんを新生児室で預かるのではなく、お母さんのお部屋でお母さんと一緒に過ごしてもらうことを、母子同室と言います。
最近では、そうする産科が増えています。
母子同室のメリットはたくさんあります。
まず、相互に愛着がわきやすい。
赤ちゃんが欲しがったらすぐに授乳できるので、おっぱいが出やすいし、授乳のリズムが確立しやすい。
ママがおうちに帰ってからのイメージをつかめる。
でも、それだけじゃないんです。
赤ちゃんが、ママとの皮膚接触や授乳により免疫を獲得でき、感染症にかかりにくくなります。
清潔な新生児室にいるよりも、母子同室の方が感染症になりにくいってすごいことだと思いませんか?

産まれてすぐに裸の赤ちゃんを抱きしめるカンガルーケアも注目されています。
もともと、保育器が足りない貧しい国で、小さく産まれた赤ちゃんをお母さんの体温で温めるために、産まれてすぐの赤ちゃんをお母さんに抱きしめて温めていたのですが、その方が呼吸が安定し、母乳育児も進みやすくなり、愛着形成にも役立つということで、今では多くの病院で取り入れられています。

母と子の触れ合いがこんなに多くの意味を持つなんて、生命の不思議、生命は贈り物…そんなことを実感できますね。

ちなみにネパールでは、産後6時間で家に帰されます。
日本では6時間までは絶対安静、そこから6日間前後入院です。
でも、だからこそネパールの子どもたち、強いのかも…


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

仕事はラストスパートです

2017.01.04.23:33

結局、昨日の夜勤はおチビちゃんのお守りに加え、深夜から朝方にかけて2件のお産が入り、完徹でした。
珍しく、助産師2人の夜勤。(普段は看護師さんと組みます。)
しかも大先輩(なんと70歳!)だったので、その方の前でのお産の介助は緊張しました💦
でも、業務しながら色々な経験をお聞きできて勉強になりました。
そして、残業。
帰ったら爆睡。
友人との待ち合わせに遅刻しかけました^^;
危ない!危ない!
さすがに限界でございました。
幸いだったのは、2人とも割と安産だったことかな。
1人は赤ちゃんが道に迷って、ちょっと時間かかりましたが。
そして、今日は1ヶ月検診を診たり、入院中の赤ちゃんのお世話をしたり、計画分娩の入院患者さんのケアや切迫早産の患者さんのケアなど、あっちで呼ばれこっちで呼ばれ、久しぶりの日勤、バタバタ過ぎていきました。
明日はまた夜勤。
ラストスパートで頑張ってお仕事します!



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

夜勤は太る〜

2017.01.02.22:22

さてさて、今日も夜勤です。
昨日はとってもお世話になっている年上の友人夫妻にお会いでき、今日は親戚が集い、明日は学生時代からの友人でひまりファクトリーのある町に来てくれたことのある友人親友に会いに行きます。
短い日本滞在なので、会いたい人がたくさんいます。
久しぶりに友人と再会し、ゆっくりお話できると、元気になりますね(o^^o)

と、でも、その前に、今日は赤ちゃんのお守り〜。
前回も書いたチビちゃんの2時間おき授乳で夜が明けそうです。
徹夜しんどい〜。
って夜勤だからそういう仕事なんですけど(笑)
ちなみに夜勤って太るんですよ。
私は夜勤中間食は一切しないんですけど、多分、眠るべき時に眠れないので代謝が落ちるんでしょうね〜。
それに加えて、冬の日本は美味しいものがたくさん😅
ネパールに戻ったら、「太ったねー」って、絶対言われるぅー💦
ネパール人って外見よく見てて、しかも口に出すんですよね。
「おデブちゃん」とかが普通に悪気のないあだ名だったりするので、おもしろいです。


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

今年最後のお仕事はチビちゃんのお世話

2017.01.01.00:09

今朝、2016年最後の夜勤を終えました〜。
って、31日だから当たり前か(笑)
早産で低体重のベビーちゃんがいたので、一生懸命ミルクを飲んでもらおうと頑張ってきました。
…けど、努力の甲斐はあったようななかったような…
まだまだお腹の中にいる気分なのかもしれません💦
ちっちゃくて可愛いですけどね〜。
体温も下がりやすいし、ミルクも飲めないし、やっぱり小さい子は大変です。
寒くてせわしない季節。
お腹も張りやすくなるので、妊婦さんたち、是非気をつけてくださいねー!



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

赤ちゃんの抱っこにひそむ危険(笑)

2016.12.27.22:32

今日は夜勤です。
昨日とは打って変わって平和〜♪
通常外来が今日が最終日だったので、外来は忙しかったのですが、そのあとはのんびり授乳を見てあげて、患者さんと楽しくおしゃべりする時間も取れました。
泣いている赤ちゃんを抱っこしてあげるなんて余裕もありましたよー。
産まれたばっかりの赤ちゃんって、まだママの抱き癖がついていないので、すごく抱きやすい んです。
お腹の上に乗せてあげると赤ちゃんも安心して泣き止みます。
いつも3kg級の赤ちゃんを抱っこしているので、1歳の子とかすごく大きく見えます。
ネパールでは赤ちゃんや小さな子どもを、本当によく見かけます。
ひまりファクトリーでも赤ちゃん服を扱っていますが、わりと人気商品です。
赤ちゃんを見かけると、ついつい可愛くて抱っこしたくなっちゃいますが、ネパールではちょっと注意が必要。
オムツをする習慣がないので、おしっこかけられちゃうかも😅
あと、お漏らししたズボンをそのまま乾かして使っている可能性大。
それでも赤ちゃんの魅力には負けるんですけどねー。
おっかなびっくり抱っこします(笑)


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村
プロフィール
ひまりです。 ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
お気に入り
格安航空券はこちらから
カテゴリ
ひまりファクトリー物語 (21)
ひまり雑貨のお店 (4)
タライ平野での生活 (491)
ネパールを知る! (25)
ネパール生活での必需品 (4)
ネパール旅行をもっと楽しむ!旅のコツ♪ (65)
中国東方航空で節約旅行の技! (17)
日本での話 (34)
日本 vs ネパール (12)
ネパール豆知識 (4)
薬草のお話 (2)
レシピ (6)
インフォメーション (27)
未分類 (5)
助産師のおしごと (9)
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム