まったく関係ないけれど、親知らずの抜歯体験の一部始終 その1

2014.07.31.23:55

ブログもお休みをいただいて、行ってまいりました!
今回の一時帰国の最大の目的、親不知の抜歯!
このイベントがようやく終わりました。
歯医者さんからは「よくきれいにされてますよ~」と、歯磨きをほめられ、「抜かなくても…」と惜しまれながらの(?)抜歯。
でも、かみ合わせのせいなのか、痛みは結構ひどかったのです。
日本にいられる期間が短いため、一気に3本(1本は生えていないので)抜く強硬手段。
総合病院に紹介していただき、静脈鎮静麻酔を使っての2泊3日の入院抜歯です。
私にとっては、初麻酔(患者さんにかける方はあっても、かけられるのは初!)、初入院。
医療関係者のくせに、病院にはあまり縁がなく(仕事以外では)、ドキドキしていたわけですが…
結論から言うと、日本の医療って安心だ~!日本の病院って快適だ~!というのが、一番の感想です。

ネパールだと、こうはいきません。
病人がどうやってのぼるんだ!という高さのベッドによじ登らされ、シーツやトイレは汚く、野戦病院かというくらいあちこちに患者が寝かされているわけなんです。
食事は全部家族の者が準備しなくてはいけないし、医療行為にイチイチ説明はなく、フラフラしているのに検査のために歩き回らされる…。

ピシッと整えられたシーツ、カーテンで囲われたベッド、しかも背もたれが上がる!、食事は全部病院で出してくれる、フラフラしそうな人には車いすがあてがわれる…ああ、日本の医療は素晴らしい…

そんなわけで、親知らず抜歯体験本編は、また明日にでも…。
スポンサーサイト

5日間お休みしますm(__)m

2014.07.25.21:41

明日、明後日と私用があり、明々後日からは親知らず抜歯のため2泊3日の入院です。
今回の一時帰国の主な目的実はこれなのです。
なにせ、ネパールの医療はもごもご…(自分の体で実験済み)
ネパールの人たちには申し訳ないのですが、日本で治療することにしちゃいました。
ということで、誠に勝手ながらブログも5日ほどお休みさせていただきます。
また、来週、訪問してくださったら嬉しいです!
よろしくお願いします。

助っ人現る!

2014.07.24.20:58

試作品つくりに四苦八苦の毎日…。
そんな私に強力な助っ人が現れました。
ブログで私の苦悩を知った友人が、試作品つくりに名乗りを上げてくれたのです。
もちろんその友人も洋裁をお仕事にされている方ではないのですが、「お手伝いします!」とメールをいただきました。
ご自分のお仕事があるのに、その暇を見てやってくださるとおっしゃるのです。
お気持ちだけでも、嬉しい!
試作品にも失敗しまくる不器用な私ですので、「お気持ちだけ」ではなく、本当にお願いしてしまいました。
(でも、くれぐれも無理なさらないでくださいね~!)

あらためて、このブログを読んでくださっている皆さん、ひまりファクトリーをいろいろな形で応援してくださっている皆さんに感謝でいっぱいです。
今日も読んでくださってありがとうございます。

試作品第1号完成!

2014.07.23.22:33

試作品第1号…と書きましたが、実は第2号。
第1号は生地が薄かったことで、失敗をカバーしきれず、あきらめてしまいました。
また、気が向いたら、失敗箇所を縫い直したいと思います。
いつまでも気が向かない可能性が高いですが…(汗)

ということで、試作品第2号、試作品「成功(?)」第1号を、今日完成させました。
成功と言うにはまだまだ見直さなくてはいけない点が山盛りてんこ盛りですが…
Tシャツなどと組み合わせて着たいノースリーブのチュニックです。
もっともっと機能的にもデザイン的にも工夫して、ひまりファクトリーオリジナルの製品にしていきたいと思います。
先は長い…
ネパールの女性たちのため、そして日本の女性たちのため…頑張ります!

試作

2014.07.22.23:43

企画会議で出たアイディアをもとに、今日は試作品を作ってみました。
学生のころは、時々自分用のスカートやブラウスを簡単な形で作ったりなんかもしましたが…
今回は今までで最も難易度の高いデザインのブラウス。
しかも久しぶりすぎて、必要な道具をそろえるだけで一苦労。
実は、今、日本に一時帰国しているので、実家のミシンを引っ張り出し、足りない道具を買い揃え、カトマンズのセンスのいい布屋さんで購入した布を使って試行錯誤の1日でした。
型紙を取り…縫い方の順番を間違え、ミシンと格闘し…
そんなこんなで23時過ぎ、なんとかできあがり!と思ったら、袖を裏表付け間違えていましたorz
心が折れたので、もう、明日にしようと思います。
ひまりファクトリーの第一号試作品…完成!の報告ができず、残念です。

ヒマラヤを見る! その6 もっと近くで!part2

2014.07.21.10:35

ウルトラライトプレーンでのヒマラヤ遊覧飛行。
ポカラ空港から楽しめるヒマラヤアクティビティです。
カトマンズからはエベレスト遊覧飛行が出ていますが、このポカラからの2人乗り飛行機での遊覧飛行も素敵です。

ヒマラヤの良く見える早朝。
早起きして、空港へ(送迎付きです)。
空港からもうっすらと赤く光る雪山が見えます。
飛行服に着替え、2人乗りの小型飛行機(窓なし)に乗り込み、ヘルメットとインカムを付ける。
シートベルトをし、空中に投げ出している足を保護するものを付けてもらいます。
パイロットの声がヘッドホンから聞こえます。
空港の職員とヘッドセットで二言三言かわし、滑走路から飛び立ちました。
みるみる高度があがります。
ポカラ市街地やフェア湖が眼下に広がります。
そして目をまっすぐ前に向ければ、見事な白山。
ワールド ピース パゴダに、日の出を見に来た人たちが集まっているのが見えます。
丘の上に点々と見える民家。
こんな景色を鳥は見ているのですね。
カメラのシャッターを切ります。
そして、15分のフライトは終わり、滑走路に戻ります。
最後は、コーヒーをいただいて、ほっと一息。

私が挑戦したのは15分コースでしたのでぐるっと回って終わりでしたが、30分コースもあるそうで、30分コースは山のかなり近くに行けるということでした。
15分コース:約1万円(取り扱いオフィスにより多少価格の差があります)
30分コース:約2万円
これ以外に空港使用料200ルピーが必要です。
言語はしゃべれなくてもほとんど問題はなさそうです。
パイロットとも英語で一言二言交わしただけでした(パイロットはネパール人ではなく、外国人でした)。
アクティビティは午前中だけのようですので、前日までに予約を入れましょう。



ヒマラヤを見る! その5 もっと近くで!

2014.07.20.22:04

ポカラはなんといっても、トレッキングの起点としても有名。
トレッキングツアーなども多く出ています。
でも、意外とトレッキングってお金がかかるし準備が必要なんです。
ポーターをつけたり、道具をそろえたり、食費も山の上は高いですし、入域許可証(正式な名前は知りません…すみません)のようなものも必要ですし。
もちろん、お好きな方には是非楽しんでいただきたいですが…
私は…
もっと手軽で簡単に、トレッキング風を楽しみたい…
ということで、ダンプスに行ってきました。
行きはジープを貸し切り、帰りはハイキング。
ダンプスは入域許可証のチェックポイントがある場所なのでダンプスまでは許可証が必要ありません。
いくつかあるゲストハウスに1泊。
部屋の窓からも食堂からもきれいに山が見えました。
3月中旬でしたが、まだ朝晩は寒く、ゲストハウスの食堂にある暖炉で温まりながらおしゃべり。
暗くなると全くやることはなくなってしまいますので、早めに就寝。
翌朝の日の出に備えます。
6時前に起きて、ゆっくりと明るさを増していく山を楽しみました。
ピンク色に輝く山を見たいのならサランコットの方がお勧めですが、部屋の窓から目の前に大きなヒマラヤという贅沢もなかなかでしたよ。
午前中のヒマラヤがくっきり見えるうちに下山。
放牧される水牛のバックにヒマラヤという見事な景色を楽しみました。
織物工房が1軒ダンプスの村にあり、見学させてもらいました(質は良いのかもわかりませんが、値段はタメルの方が安いものが多いようです)。
村人との会話や自然、ずらっと広がる段々畑を楽しみながら、下山。
楽しかったですが、結構疲れました。
体力に自信のない方は村のはずれからジープに乗ってしまうという手もあります。
気軽にトレッキングの雰囲気を楽しみたいという方にはお勧めのコースです。

ヒマラヤを見る! その4 ポカラでディープに知る!

2014.07.20.00:03

ヒマラヤを違う角度から楽しめるのが、ポカラ空港近くの国際山岳博物館。
ポカラで1つだけ博物館に行くというなら、ここがおすすめです。
ネパールの各民族に関する展示や、動植物について、雪男伝説に、環境問題、ヒマラヤ登頂に関する展示まで幅広く学べます。
広い館内に資料がびっしりあるので、是非十分な時間を割いていただきたいですね。
日本人登頂者の資料もたくさんあるので、何となく親近感がわきます。
実際に登頂に使われたウエアや道具も展示されていて、登山に興味がある方には何時間あっても足りないのでは?
午前中、晴れていると、窓からどーんとヒマラヤ山脈が見えるのも、粋な設計です。
敷地内には、ヒマラヤ模擬登山が楽しめるミニチュアのヒマラヤが用意されていて、登山のスリルをちょっぴり疑似体験できます。
写真撮影にもいいですよ。
山が好きな方にも、そうでない方にも是非訪れていただきたい博物館です。

ヒマラヤを見る! その3 ポカラ

2014.07.18.22:58

ヒマラヤ観光といえばポカラ!
ネパール最大のリゾート(?)地。
カトマンズからポカラまでの移動は飛行機(約30分)、旅行者専用のバス、一般的なバス、マイクロバスといろいろ選択肢があります。
これは、予算とニーズに合わせて選んでいただくことができます。

さて、ポカラのどこでヒマラヤを見るか…ですが。
晴れていれば、町中からもカトマンズで見るよりもぐっと間近に雪山を望むことができます。
が、やはり、少し小高い場所に行くと、見事なパノラマを楽しめます。
ただし、基本午前中!
山がきれいに見えるのは午前中なので、旅行の際には午前中ポカラに滞在できる予定を組むと良いでしょう。
(町中からも午後からは山が見えなくなることが多いです。)

ビューポイントはいろいろありますが…
たとえば、日本山妙法寺(ワールド ピース パゴダ)やサランコット。
私のおすすめは(ポカラ在住ではないので、自分で観光した限りですが…)、ワールド ピース パゴダから青空に浮かぶヒマラヤ(と2月に行ったときには赤い花のコントラストが素敵でした)、サランコットから朝日でピンク色に輝くヒマラヤです。
サランコットの頂上までは駐車場から軽い登山が必要ですが、体力に自信のない人は車で行けるポイントまででも十分です。
サンセットに合わせて、是非早起きしておでかけください。

自分でタクシーを交渉して行ってもいいですし、ホテルや旅行会社がツアーも出しています。
1台車を借り切ったツアーは少し割高(それでも1日1万円はかかりません。)ではありますが、快適。
わがままが言えます。
ヒマラヤ山脈や人々の暮らしを見ながらのハイキングやフェア湖のボート乗り、ポカラの観光ポイントをいくつか周る市内観光などを組み合わせてくれます。
もちろん、すべて自力で公共交通機関を使い、行動できるなら安上がりになりますが。

次回は、ポカラでもっとディープにヒマラヤを楽しむ方法をご紹介します。

ヒマラヤを見る! その2 カトマンズ市内からも…

2014.07.17.09:42

目の前に雄大なヒマラヤ山脈…
というわけにはいかないけれど、乾季の寒い時期で天気がよければカトマンズ市内からもヒマラヤ山脈は見ることができます。
たとえば、空港近くのパシュパティナート付近からもくっきりときれいな雪山を望めることがあります。
ということで、是非、カトマンズ観光の際には北の方を意識してみてください♪

といっても、やはり目の前にどどーーんとそびえる山を眺めたいものですよね。
そのためには、ちょっと足をのばしていただく必要があります。
カトマンズから気軽に行けるのがナガルコット。
超短期旅行の方でも、ここまでは是非行ってみていただきたいですね。
私は実は言ったことがないのですが、ネパール人、日本人含め多くの友人が写真を見せてくれました。
なかなか見事な景色が見られそうです。
日帰りでも行くことができます。
プロフィール
ひまりです。 ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
お気に入り
格安航空券はこちらから
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム