ネパールのおやつ食べまくり!

2015.01.31.00:48

今日は隣町まで出かけました。
バスで1時間山道を登ったところにある、私たちの住む町より都会の町です。
早朝到着し、まずおやつにプリ&ジュレビを食べました。
プリというのは揚げたロティ、ジュレビはジェリとも言って、揚げ菓子の砂糖シロップ漬けです。
店頭に山に積んであります。
1個ずつ注文したら、大き目のプリにジェリをはさんで、新聞紙でくるんで渡してくれました。
30ルピーです。
小さなプリしかないお店だったら、プリ2つでハンバーガーのようにジェリを挟む方法もあります。
ほんのり温かいもっちりしたプリにザクザクっとした食感のジェリがたまらなくマッチするんです。
ジェリはザクっとかむと、とろっと甘~いシロップがとけ出ます。

知人宅に寄ったら、ミルクティーとビスケットを出してくれました。
一般的なネパールのおもてなしです。

お昼頃、お腹がすいたので、カジャ屋さんに入りました。
モモ(蒸し餃子)やチョウミン(焼きそば)、トゥクパ(辛いうどん)を扱っているお店です。
友人と一緒にモモ2皿とチョウミン1皿を頼んで分け合いました。
2人でこの量は実は多すぎなんです(笑)
チョウミンのフルプレートは山盛りですから(ハーフプレートという頼み方もできます。ちなみにモモは1皿10個。ハーフだと5個です)。
知ってたけど、ついつい食べたくて頼んでしまいました。
このあたりのモモの特徴はスープがついてくること。
水牛のモモだったので、水牛の骨で出汁をとったスープがついてきました。
ちなみにスープはおかわりし放題。
3杯もおかわりしてお腹一杯!
モモがちょっと余ってしまったので、お持ち帰りしました。
(たいていどの店でも、お持ち帰りはやってくれます。「パッキング ガルノス(持ち帰り用に詰めてください)」で通じるはず。または、ビニール袋をくださいということもできます。ビニール袋は「プラスチック」です。)
お腹一杯で150ルピーでした。

午後にお邪魔した知人宅でまたチヤ(ミルクティー)をいただきました。

夕方、ネパール人の友人がパニプリを届けてくれました。
このあたりでは、パニプリは8個で20ルピーです。
(これもハーフプレート:4個にできます)
本来、パニプリは立ち食いで、屋台のおじさんが次々作ってはお皿に入れてくれるのを食べます。
なんとなくわんこそばのような感じです。
でも、さすがネパール。
こういう汁物もお持ち帰りできるんですね。
器用にビニール袋にパッキングしてありました。

ネパールの代表的なおやつを食べまくった1日でした。
是非、ご旅行の際には、ネパールのおやつをお試しあれ~。

ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1クリックで応援お願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

ダル(豆のスープ)

2015.01.29.16:21

こちらは豆の種類が豊富で、赤やオレンジ、緑、いろんな色のいろんな大きさの豆を売っています。
挽いてある豆などもありますので、お土産にもいいかもしれません。
ダル(豆のスープ)のは、どんな豆でもいいのですが、小さなサイズの豆がよく使われます。
オレンジや黄色、黒が多いかな~。
作り方はいろいろありますが、私の好きなダルフライ(ちょっと豪華バージョン)の作り方をご紹介したいと思ます。
石などを取り除き、豆を洗います(豆は1種類でもいいし、ミックスでも美味しいです)。
それを圧力鍋に入れて、水を適量2~3杯入れます。
塩少々、ベサール(ターメリック)少々、油少々を入れ、火にかけます(油を最初に入れ、豆を炒める方法もあります)。
3回くらいプシューと言わせます。
その間に、玉ねぎ(小)を半分~1個、トマト(小)を1個、にんにく3~4片を切っておきます。
玉ねぎとにんにくはスライス、トマトはさいの目切りかスライスです。
ちなみにネパールの野菜は日本のそれとは比べ物にならないくらい小さいです。
日本の野菜だったら、この分量の4分の1くらいで十分でしょう。
深手のフライパンに油を入れ、よくあたためてからクミンシード(ネパール語ではジラ)を入れます。
パチパチパチといい音がして、香りが出ます。
そこに、にんにくを投入。
にんにくの香りをだし、それから玉ねぎ、よくいたまったら、トマトの順で炒めます。
トマトもしんなりと炒めたところで、先ほどの豆をじゃっと注ぎます。
水の量と塩の量を調節し、出来上がりです。
しょびしょびでもなく、どろどろでもない、ちょっととろっとするくらいが美味しいです。
慣れてくると、まるで日本の味噌汁のように安心できる味。
私は体調を崩すとこのスープを飲みたくなります。

家庭で食べるなら、ご飯の上にぶっかけちゃえばいいし、お客さんのおもてなしでしたら、お客さんが自分でご飯にかけるよう違う器に入れて出しましょう。

1日1回クリックで応援お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バート

2015.01.28.23:16

まずは基本のバート[ご飯]から。
ご飯を炊くまでにとっても時間がかかるのが、ここネパールなんです。
なにせ、薪を山にとりに行くことから始まるのですから…。
と、まあ、さすがにそれは置いておいて。
米を選別するのが、最初の仕事です。
石やもみがら、虫、虫の幼虫などが米に混ざっているので、それを取り除き、米だけを別にします。
ちょっと街を歩けば、日向ぼっこしながら、この作業をしている女性たちをたくさん見かけるでしょう。
それから、その米と1,5倍ほどの水を圧力鍋に入れ、火にかけます。
1回プシューと言ったら、火を止めて自然に圧が抜けるのを待ちます。
日本米の場合は、米と水はほぼ同量、プシューというのを2,3回やるともっちりとした食感になりますが、ネパール米の場合はもっちりさせないのがコツです。
水も日本米より多めなので、さらさらとまるで水を飲むように(?)お腹に入ってしまいます。
その軽さで、どんぶり二杯くらいは楽に食べられてしまうんです。
ちょっとぱさついても心配ありません。
豆のスープを混ぜるとちょうどよくなります。
むしろ、もっちりさせてしまうと、おかずやスープと相性が悪くなりますのでご注意!
お皿によそう時は、ほぐす必要はありません。
でーん!とお鍋の跡がついたままで大丈夫。
ただし、お皿の半分を占めるくらいがっつり!そしてこんもり盛りましょう。



1日1回クリックで応援お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ネパールの定食ダルバート!

2015.01.27.18:49

ネパールの食事の基本は、ダルバート。
ダルが豆でバートがご飯。
日本で言うご飯とみそ汁という感じで、ご飯と豆のスープが定番です。
レストランでネパール料理を食べるとしたら、ご飯と豆のスープ、それにタルカリ(野菜のスパイス炒め)、アチャール(漬物)は必ずついてきます。
あとは、サーグ(青菜)やサラダ(大根やきゅうりをスライスしただけのシンプルなもの)がつく場合も多く、別注文で肉(鶏肉やヤギ肉、水牛肉)やヨーグルトをつけることができます。
これを手で混ぜ混ぜしながら食べるというのが、正式な食べ方。
肉以外おかわり自由で、何がほしいか聞きに来てくれます。
おかわりしなければ、半人前として安くなることも。
さて、家庭でのダルバートはここまで豪華ではありません。
豆のスープとご飯とアチャールとか、ご飯と豆のスープとサーグとか、ご飯とタルカリだけとか、目玉焼きがついたりとか、いろいろです。

この町に来て思ったのは、同じようなダルバートなのに、カトマンズよりずっと美味しい!!ということ。
気候や野菜の新鮮さなども関係しているのかもしれません。
少しずつネパール料理のレシピもご紹介できたらと思っています。

1日1回クリックで応援お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バンダ

2015.01.27.01:39

実は、先日、カトマンズからこの町に帰ってくる日はバンダでした。
バンダというのは、ネパール語で、「閉まる」という意味。
お店が閉まったとか、ドアが閉まってるとか、工事中で道が通れない(道が閉ざされている)など、いろんな場面で使える便利な言葉です。
が、一番迷惑なバンダは何と言っても、ネパールバンダ。
これは、ネパール全土のストライキのこと。
交通機関はストップし、学校は休み、商店も閉まります。
もちろん、ストライキなんてしたくない人々も大勢いるのですが、このバンダの日に車で動いたり、店を開けたりすると、バンダの首謀者に石を投げられるなどの危害を加えられる恐れがあるため、従うほかありません。
要求が通らなければ何日もこれを繰り返すこともあります。
旅行中にバンダになると、とにかく動きが制限されて大変です。
台風にぶつかってしまったくらいに思うしかありません。
ただし、相当ひどいバンダでない限りツーリストバスは動いていたり、早朝と夕方以降は交通機関が動いたりするので、できるだけ情報を仕入れて行動することが大切です。
また、バンダの日にはあちこちでデモや抗議活動が行われます。
車やバイクに火がつけられたり、暴力沙汰になることもありますので、人ごみには近づかないことが無難です。
特に大きな交差点は要注意です。

私たちは夕方5時にバンダが解除されるという情報を入手し、5時にタクシーを拾ってバス乗り場に向かい、ナイトバスで無事帰ってくることができました。
バンダ中でも、ナイトバスは動く可能性が高いです。
ひどいバンダだと警察の誘導でナイトバスが走ったりもします。
それでも、投石されることもありますが…
友人は、バンダのひどい時期にナイトバスに乗り、投石されて窓が割れ、風がビュービュー吹き付ける中を帰ってきました。
風邪を引いたぐらいで、怪我なくすんで、まあ、よかったのかもしれません。
ということで、ネパールで日常茶飯事のバンダ…。
過度におそれる必要はないですが、状況を見極めて、慎重に行動してくださいね!

1日1回クリックで応援お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長旅?短旅?

2015.01.24.17:40

今回の日本滞在は3週間でした。
短い…ような気もするのですが、旅行自体は約1か月だったんです。
どういうことかといいますと…
この町から日本の実家まで、行くのに5日間、帰ってくるのに4日間かかったわけです。
つまり、移動だけで足かけ9日。
長かった…。
旅行者の方、とりわけ中国東方航空利用の方にとっては、日本からカトマンズに到着しただけで、ああ、やれやれ長旅だった…となると思うのですが、私たちにとっては、カトマンズではまだ半分。
そこからが本当の旅のようなものです。
というわけで、日本滞在はたったの3週間でも、移動を含めると1か月…長旅なんだか短旅なんだかよくわからなくなってしまうのであります。
もちろんずっと動いているわけではなく、待ち時間も結構あるのですけどね。


ちなみに、私のネパール人の知人は実家に帰るのに4日間かかるといっていました。
もちろん、ネパール国内ですよ。
バスで2日、それから歩いて2日だそうです。
恐ろしい…
海外へ行くほうがネパール国内を旅するよりずっと楽だったりします orz


1日1回クリックで応援お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

旅行の準備 中国東方航空を活用する その10 空港での夜明かしグッズ

2015.01.23.23:40

空港での夜明かしは結構寒いので、今まで寝袋などを使っていたのですが、いかんせん荷物が増える!
そして、重い!
という弱点がありました。

そこで…
ネパールでは結構ポピュラーな断熱材を持っていってみることにしました。
カーペットなどを売っているお店の店頭に並べてある灰色の物体(ロールで置いてあります)がそれです。
「ポンプ」と言うと通じると思います。
厚さによって値段はいろいろで、メートル単位で切り売りしてくれます。
が、今回見つけたのは、寝るのにぴったりなサイズにカットして、くるくるとひもで巻いて持ち運びやすくしてある断熱材です。
タメルからアサンチョークに向かう道沿いのお店何軒かで扱っていました。
トレッキング用でしょうか?
1個100ルピー前後で、もうすでにカットしてあるものをくるくる巻いて売っています。
少しかさばりますが、寝袋と比べてすごく軽いのがメリットです。
これを、空港のベンチの上に敷くと寒さが全然違います。
1人で寝るのには十分、小柄な人なら縦に2人で寝ても良い大きさ(2人だと頭は出ちゃいますが)です。
寒いとなかなか寝付けないもの。
寝袋はちょっと…という方にはこんな方法もおすすめです!


1日1回クリックで応援お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

旅行の準備 中国東方航空を活用する その9 昆明での夜明かしpart2

2015.01.22.14:51

今回、偶然カトマンズの空港で出会った女性1人旅の方と一緒に昆明で夜明かししました。
そして、ちょっとセレブな節約組におすすめの情報をゲットしたのです。
(ちょっとセレブな節約ってなんなんだ!って話は置いておきましょうネ。笑)
それは、なんと!!
かの有名なスターバックスコーヒーでの夜明かし!!!!
もちろん、日本ではスターバックスコーヒーなんて、とてもとても入れない(涙)私ではありますが、その高価なコーヒーも、ホテル代と考えれば安いもの。
しかもクレジットカード(マスターカードのみ)が使えるので、中国元を持っていなくても大丈夫というのが、トランジット客には魅力。
もちろん、ケンタッキーでの夜明かしの安さにはかないませんが、かなり快適なので、一考の価値ありです。

場所は、一番国際線よりのエレベーターを使って1階で降ります。
(昆明空港に到着して荷物を取ったら、制限エリアを出て左手、一番最後のエレベーターに乗って、1個階をあがります)
閑散としているかもしれませんが気にせず、エレベーターを降りたら左手へ。
少し歩くとスターバックスコーヒーが見えてくるはず!
向かいにはトイレもあって、ロケーションは抜群です。
24時間営業ではないので、夜中には店員さんがいなくなり、空港職員や旅人などが休憩にやってきます。
(なので、実は注文しなくても、時間を選べば休憩だけできるわけです。)
おすすめはソファー席。
ゆったり180℃横になって寝られるのはやっぱり魅力ですよね!!
場所によって多少の寒暖の差があるので、自分にぴったりの場所を見つける必要があります!

せっかくなので、豪華な夕食もしくは朝食も楽しみたい。
お値段もなかなかですが(というか、日本と変わらないと思います。日本で行ったことないので知りませんが…orz)、味もなかなかに美味ですよ~!
今回は、特大の飲み物(季節限定の商品)と軽食で53元(2000円弱)でした。
2人でわけっこしたので、1人千円未満の豪華な寝床でしたよ~(笑)

明日はケンタッキーであろうと、出発ロビーであろうと、スタバであろうと、あると便利な夜明かしグッズを紹介します!

あ、こういう夜明かし、すすめちゃだめじゃない?っていう倫理的なお話もあると思います。すすめてません!すすめてませんよ~!
私はこうしたという経験談です!!
あくまでも…。
ハイ。
自己責任でお願いしますね。


1日1回クリックで応援お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ひまりファクトリーのある町に戻ってきました~!

2015.01.21.13:27

日本にいる間は更新が不規則になってしまい、すみませんでした。
ようやく、今朝ネパール時間3時55分、この町に戻ってきました。
また頑張って更新していきますので、よろしくお願いします!!

ブログ村にも参加しました。1日1回クリックで応援お願いします↓
                                    ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

フォチキス?ミシン?

2015.01.10.23:58

ID:icwb7u

私が足踏みミシンで手こずっていることを知った年配の友人が、フォチキスサイズのミシンをプレゼントしてくれました。
何年も前、独身だったころに購入されたそうです。
こんなものがあるんだ!とびっくり。
ネパールに持って帰ることにしました。

そろそろ帰り支度(?)をしている今日この頃。
食料品を買い込んでいます。
ついついいろいろ買ってしまうので、毎回体重計とにらめっこ。
中国東方航空の荷物の重量制限である23kg2つに収まるよう試行錯誤です(汗)
プロフィール
ひまりです。 ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム