ネパールの役所の愚痴と夢の話

2016.03.30.09:53


昨日の午後はファクトリーに顔を出し、私もちょっと縫いました(笑)
足踏みミシン、やっぱり難しい…
電動ミシン購入も考えているのですが、電動ミシンを使いたいのは私だけ…f^_^;
ネパール人にとっては足踏みミシンが一般的なんですね。
うまく力とタイミングが合わないと反対方向に進んでしまい、糸が抜けてしまいます。
足踏みミシン以外にも手動ミシンというのもあります。
足の不自由な人がそれで仕事をしていているのを見かけたこともあります。

トラブル発生です。
カトマンズから帰ってきたばかりなのに、役所関係の仕事の調整が急に必要になりました。
他のスタッフが対応してくれていましたが、私が動かないといけない仕事も入り…
といっても、ほとんど電話の仕事なんですけど…
ということで、バタバタと忙しい午後になってしまいました(ほとんど、頭の中が忙しかっただけですが)

結論としては、役所関係の方は、Ncellか何か大手会社の不祥事で、役所自体が忙しく、私たちのような小さな会社のことは取り合ってもらえない…というのが1番の問題のようです。
ネパール人、都合の悪いことは隠すので(笑…全てのひとがというわけじゃないでしょうけど)、この結論を理解するまでに非常に遠回りをしました。
私たちの努力でなんとかなる問題かと思い、スタッフが必死で調整してくれたのに、結局そういう問題じゃなかったという…
最初からそう言ってください…というのは、無理な要求なんでしょうか?
そして、こうなってくると、役所の役人にやる気を出してもらうには多額の賄賂が要求されます。
それでいいのだろうか、ネパール政府…というつぶやきはあえて飲み込みましたけど。
ということで、今回進めたかった話は保留になりました。
急ぐ話ではない…けれども、それなりに私たちにとっては重要な話で、ほとんどそのためにおとといまでカトマンズにいたので、ガッカリです。
やっぱり、スムーズにいくわけないんだよなー、この国…orz

もう一つ同時進行で進んでいた話の方は好感触。
うまくいったらご報告しますね。
こちらの話があったので、役所のひどさはあきらめがつきました。

そんなわけで夜中まで忙しく、ようやく寝れた…と思ったら、悪夢を見ました(笑)
体は疲れているのに、脳だけがフル回転していたからでしょうね〜ε-(´∀`; )
ところでネパール人の多くは夢を不思議なものとして捉えています。
夢で見たことが本当に起こる…とか、夢の意味を解き明かすことを望んだりとか、夢を見ているときは魂がその場所に行っているとか、夢で神様から啓示を受けるとか、一種の怪奇現象のようにとらえているんですね。
夢は記憶の整理のためにあるんだよーと説明してみますが、伝わってるのかなー。
あまり「そうか!」とはならない気がします。
確かに、ものすごい現実感のある夢を見ると、現実と区別がつかなくなりそうになる気持ちはわかりますよね。


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

おうちに帰ってきましたー。

2016.03.29.17:02


無事、帰ってきましたー。
カトマンズでどんなに美味しいものを食べても、やっぱり我が家、我が町が1番おちつきます。
最近では日本帰国も面倒くさくなってしまってます。
帰ったら帰ったで楽しいんですけどねー。
助産師の仕事も好きですし。
別れが苦手なので、たとえ1ヶ月でも、この町の人たちと別れなくちゃいけないというのが寂しかったりします(笑)
日本からこちらに戻る時も、家族と別れるストレスはあるのですけど(笑)
完全帰国するなんてことになったら、どうなるんだろう…なんて、今全く考える必要のないことを想像してしまいました(苦笑)

帰りのバス、レディースシートじゃない!ってぼやいてましたけど、奇跡がおきました(笑)
カランキ(カトマンズ最後のバスストップ)から乗り込んできたおばちゃんが1人旅だったらしく、私がおじさんの隣に1人で座っているのを見て、「一緒に座りましょうよ」と声をかけてくれたんです。
その女性にとっても男性の隣は嫌だったようで…助かりました。
ちなみに、外国人だとはばれず、しかも私が気分が悪くて必要最低限の会話しかしなかったので、「恥ずかしがり屋の田舎の子」と思ったのか、「バス酔いしてるかわいそうな子」と思ったのか、知りませんが、ほとんど何も詮索されず、とっても楽でした。

今日はいろいろ仕事をし、ファクトリーの方も顔を出す予定だったのですが、想像以上に疲れてしまい(もう若くないなー…(^_^;))、午前中は寝ていました。
午後になってようやく動き始めました。
けど、外に出るのはやめておこうかな…
風邪気味だし…
なんだか、鼻風邪が流行っているらしく、みんなでズルズルやっています(笑…汚い話ですみません)
来週またカトマンズなので、体力使います。
普段からしょっちゅうカトマンズ往復している人たち、すごいなーと思いました。

こちらの気温は予報では最高気温40度。
カトマンズとはズバリ15度くらい差があります。
この気温差だけでも結構大変ですよねー。
一時帰国すると日本の夏も寒かったなーと思い出しました。
(ニュースでは酷暑だ酷暑だと騒いでましたけど…)



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村




カトマンズおのぼりさん物語

2016.03.28.21:32

友人の息子ちゃんに会いに行ってきました。
1ヶ月半になったとってもキュートな息子ちゃん。
テストを終えた娘ちゃんを迎えに行くから、息子見ててねーと友人が出かけてしまったので、思いっきり可愛がらせてもらいました💕
あくびする顔もむずかる顔も可愛い(#^.^#)
欲しくなっちゃうよ〜😋
友人と娘ちゃんが帰ってきて、仕事を終えて友人のご主人も帰ってこられたので、一緒に昼食をいただきました。
「息子ちゃんお父さん似だね〜」と言ったら、「僕よりかっこいいよ!」とお父さん(笑)
みんなで写真撮影もしました。

午後はちょっと高級ショップの並ぶダルバールマルグに足をのばしていました。
別世界…
都会…
どうしよう…恥ずかしい…(何が?笑)
が、主な感想です。
急に美味しいケーキが食べたくなってしまって、アンナプルナホテルのケーキショップでテイクアウトしてみました。
160ルピーくらいで激甘ではありますが、ネパールにしてはレベルの高いケーキでした。
ケンタッキーにも初挑戦。
味は普通に美味しかったですけど、決して安くない(骨つきフライドチキン2ピースで300ルピー)のに、ネパール人で賑わっていて、そちらにビックリ。
田舎の現金収入の少ない生活が私の中で普通になってしまっていたので、そのギャップにクラクラしましたε-(´∀`; )


そして、さあ帰る!という時になって突然の砂嵐。
それに続く雨…
濡れながら満員のマイクロに乗り、どうにかバスパークに到着しました。
ところが今度はバスが見つからない…
また濡れながら一生懸命バスを探し、どうにかこうにか今、バスの中です。
(ちなみに最近のデラックスバスはWIFIが使えるんです!山の中や田舎の方はそもそもネットワークが入らないので使えないですけどねf^_^;)
一緒に来ていた友人はもうしばらくカトマンズ滞在なので、私は苦手な1人旅。
レディースシートにしてねって言ったのに、隣はおじさんだし、私が窓際の席だったのに、おじさんに通路側に追いやられるし、いろいろ根掘り葉掘り聞かれるし…orz

でも、今回のカトマンズ滞在は心に優しい(?)感じの割とスムーズに物事がすすむ2日間でした。
これ以上ネパールあるあるに傷めつけられたら耐えられそうになかったので、よかったです(笑)



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村


カトマンズで充実した1日を過ごすってこういうことだなと思った(笑)

2016.03.28.00:14

今日はなかなか良い1日でした。
酔い止めを飲んだので、バスでぐっすり眠れ(夜勤体質なので、酔い止めを飲まなくても眠れはしますが、すぐに目が覚めます。でも、今回は結構しっかり眠れました。)、その眠気が残っていたので午前中ホテルで休憩してから出発しました。

今回の1番の目的はファクトリーの書類関係のお仕事。
私のストレス源No.1です。
意外と弁護士さんとの話がスムーズに進み、今回できることは全て終わりました。
これ以上頑張れなーい!明日には家に帰りたーい!という私の心の叫びとファクトリーのスタッフや友人たちの応援が効いたのかな(≧∇≦)
来週もう一度カトマンズに来なければなりませんが、それでなんとかなるでしょう。
感謝。
まあ、油断はできませんが。

これで気持ちが楽になったので、タメルでの買い出しを楽しみました。
自分のためにタメルで買い物するなんてなかなか機会がありません。
よく探すと結構良いものに出会えるんですねー。
今回は日本との往復用の超特大バッグを格安でゲット。
ずっと欲しかったものなので、良かったです。
他にも普段使いのリュックサックなど必要なものをひと通り購入できました。
ネパール語が進歩したのか、カトマンズ在住の日本人が頑張ってくれているおかげなのかわかりませんが、値段のふっかけ方が以前よりも少なくなっていて、値段交渉もしやすかったです。
自分が相場がわかるようになったというのもあるかもしれませんが…。

最近不眠気味の友人のために、ラベンダーのオイルもお土産に買いました。
オイルを選んでいたら、アロマをたく容器(なんて言うか知らないんですが…汗)も売っていたので、せっかくなら自分も癒されよう♪と思って(十分癒される自然豊かな生活環境なのに、これ以上癒される必要があるかどうかは問わないでください…f^_^;)購入してみました。
早くおうちに帰って使ってみたい…☺️

明日は友人の赤ちゃんを見に行く予定(*^^*)
プレゼントに和紙のような紙で作った写真入れの壁掛けも購入しました。
でも、友人宅、電話が圏外なので、連絡がつかない…orz
突然訪問でいいかなぁ…
ま、いいでしょう。ネパールだし。

美味しい物も食べてます!
例のエベレストモモセンターのモモ!!
(それかい!?…と自分で自分にツッコミ)
80ルピーに値上がりしてました。
しかもチケット制。
カウンターでチケットを買って、それから席に座ります。
1プレート80ルピー。
半プレート45ルピー。
炭酸飲料30ルピーでした。

でも、それだけじゃないですよ!
タメルチョーク近くにあるよく欧米人で賑わっているお店でチキンラップを食べました。(以前紹介したステーキ屋さん、k-tooの向かいぐらいです)
230ルピーでナンのようなロティでチキンや野菜をたっぷり包んでくれます。
ボリューム満点。
お腹いっぱいになりました。
友人が若干お腹壊したような…気もしないでもないですけど…(^_^;)
疲れてたからというのもあると思いますが。
風邪もひいちゃいましたし。
ちなみに私は全然平気でしたので、関連性はわかりません。
いつでも薬類持っていたのに、今回に限って忘れちゃったのが失敗。
反省です。
ネパール国内小旅行の際に持っていると便利なもの、また近いうちにまとめて記事にしますね。


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村


カトマンズに行ってきます!…けど、不安

2016.03.27.01:38

今日は隣町に住む日本人の友人たちに来てもらい、ファクトリーのスタッフも数人交えてお昼を食べました。
スタッフたちはカトマンズの若い女の子たちで、しかも外国人慣れしている子たちだったので、冷しゃぶ風の豚肉サラダも、炊き込みご飯も、コーヒー、緑茶も、普通に「おいしい!」と言って食べてくれましたε-(´∀`; )
私たちの町の子に「白い肉食べられる?(こちらはどんな料理にもターメリックを入れるので、黄色の料理ばかり。黄色いとおいしそうに見えます。)」と聞いたら、返答に詰まっていたので、冷しゃぶがいけるのは結構すごいことかもしれません(?…試してみようかなf^_^;)
といっても、ネパールにも似たような料理がないわけではないんです。
水牛肉を焼くか茹でるかして細かく切り、スパイスや玉ねぎトマトなどとあえるネワール族の料理があります。
そうそう、カトマンズではよくネワール族の友人たちに目玉焼きをご馳走になったのですが、この町で姪っ子(のような友人)に目玉焼きを出したら「初めてー!」と驚いていました。
姪っ子(のような友人)にはよくご飯を食べさせているので、大分外国料理も食べられるようになってきて、この間など「アンティ、緑茶を飲ませて」なんて言うので驚いています(笑)
彼女のお母さんは緑茶を飲めませんから、やはり若い時の味覚ってすごいですね。

今、カトマンズに向かうバスの中です。
最近私たちの町からもデラックスバスのチケットが買えるようになり(今まではローカルバスしかなかったんです)、急にカトマンズ行きの選択肢が広がって嬉しい驚きです。
明日の朝着いて、タメルに泊まり、翌日ナイトバスで帰ってくる予定…ですが、さて、どうなるでしょう。
全てが順調ってことはなかなかないですからね。
まず、事故に遭わず、そして仕事が無事にスムーズにすむことをひたすら願ってます…f^_^;
マーグ(ネパールの暦)にうまれた友人の息子ちゃんにも会いたいし…(o^^o)
そしてできれば、美味しいもの食べたいな…タメル泊だし…(^_^;)
しかし…なんだかうまくいかない気がして不安。
いけないいけない!気持ちだけでも積極的に!(そうなれない経験が多すぎるものですから…orz)
明日、美味しいもの食べてますって報告をできるよう、頑張ってお仕事します!(笑…)


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村


人見知りで純朴

2016.03.25.01:17

朝、田舎道を歩いていたら、「ホーリーどうだった?」と声をかけてもらいました。
祭りの時期の挨拶はそんな感じで祭りの話題になることも多いです。
が、「ホーリーどうだった?」には苦笑しか返せませんでした(笑)
今日は各家、ほぼ普通の生活に戻っていたようですけど、なんとなく名残りを感じないでもなかったかな。

山から下ってきていた知人をお見送りしました。
が、おいおい!と思ったのが、その山まで行くバスは早朝と夜しかないにもかかわらず、なぜかゆっくりご飯を食べて、昼間に出発。
仕方がないので、途中で乗り換えて帰ることにしていました。
ちょうどその時、ご主人から電話が入り、なぜか「なんていったらいいかわからないから、あなた電話に出て」と電話を渡され…(汗)
私だってわかんないよー…f^_^;
仕方がないので、「今、奥様と一緒にいるんですけど。こんにちは。」と挨拶し、「今お家に向かってますから…」と言っておきました。
うーん、謎(笑)
どうにか無事途中の乗り継ぎ地点まで向かうジープに乗せました。
が、かわいそうなことに途中で乗っていたジープが故障。
「大変だったよー…>_<…」と電話がかかってきました。
山の子(と言っても20代)で世間知らずなので、いろいろなことが初挑戦だったのかもしれません。
ほとんどすれ違いで、ここから4時間の町から妹(のような友達)の友人が到着したのですが、22歳の男の子にも関わらず、「1人では行けないから迎えに来て」と言っていたそうです。
結局1人で来ましたけど。
なんというか、この国では、もちろん人によって大分違いますが、全然スレていないすごーく純朴な人たちに時々出会い、驚くことがあります。
私も人見知りですけど、その比じゃなく極度の人見知りの人も多いです。
なので、ネパールですっごく無愛想な人に出会っても、驚かないでくださいね。
もしかしたらただ単に恥ずかしがり屋の人見知りさんかもしれません。



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

ホーリーだけれども…

2016.03.24.04:33

今日はタライのホーリー。
こんな日は家にこもるのが1番!
なんですけれども…
用事があってあちこち行かなくちゃいけなかったので、ホーリーに巻き込まれないよう朝7時に家を出ました。
それでも、ちらほら顔に色を塗った人や水鉄砲を持った子どもを見かけました。
用事を急いで済まそうと思っていたのですが、あちこち寄っているうちにだんだん昼間になってしまい、最後に急いでちょこっと寄った知人宅で「ご飯食べて行きなさい」と言われてついついご馳走になってしまい(笑。断ったんですけどねー。本当親切な人たちで…)結局ホーリーの真っ只中家に帰らなくてはいけなくなりました。
髪の毛から全身色とりどりの粉まみれになった人たちが歩いています。
私にも「色つけてあげようか?」と声をかけてくれる男の子たち。
「嫌!ダメ!」と答える私(笑)
男の子たちは、カトマンズと違って礼儀正しく、「わかりました。」と引いてくれました。
ネパール人の知人友人たちは「無理矢理つけられるから嫌。家にこもってドアにかぎかける」と言いますが、外国人だからか、私は被害(?)にあったことはありません。
カトマンズだと外国人もお構いなしですけどね。
午後も用事があったので仕方なくちょっと自転車で遠出していたのですが、すれ違うバイクがピンク色の粉だらけ(笑)
動物たちもピンク色に染まっていて…(笑)
道路も色が付いている…
夕方にはみんな水浴に行くそうです。
明日もきっと道路はピンクだろうなーf^_^;


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

ホーリー

2016.03.23.02:15

今日は山のホーリー。
明日はタライのホーリーです。
多分カトマンズでは色水のかけあいで大盛り上がりしたのではないでしょうか?
この町は明日に向けて、少しだけ…という感じ。
明日は顔じゅう色のついた粉をつけたひとが歩き回っていると思います。
バジャールもお休み。
この色水かけ祭りが嫌いな人たちは、家にじっとこもって外に出ない日(笑)です。
知人たちの中でも、思いっきりホーリーを楽しみます!という人と、大嫌い!こわいので家にこもります!という人と両極端に分かれます。
無理矢理粉をつけたり色水をかけたりしたら、逮捕&罰金とラジオなどで放送されていたそうですが、抑止力になるのかな?
祭りの由来を聞いたら、「善が悪を制したとかなんとか…」と友人が言っていましたが、彼女もよくわからないそうです。
もはや祭り自体が悪と化している部分もなきにしもあらずですが…(;^_^A


今日は友人たちがお昼ご飯に招いてくださって、とっても美味しいダルバートをいただきました。
カトマンズから遊びに来ている友人たちなので、味がカトマンズっぽかったです。
ネワール族の味なのかなあ。
1日忙しい日だったのですが、美味しいダルバートでなんとか頑張れました。
そういえば、昨日は疲れていたので、ちょっと高級なヤギ肉のモモを食べてみました。
モモももちろんですが、ヤギ肉で出汁をとったスープが付いてきます。
食べたとたんすごく元気になって、また動けました。
食べ物ってすごいですね〜。




1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村

知恵と工夫

2016.03.21.23:09

昨日室温が30度をこえました(久しぶりに家にいたので気づいただけで、もっと前からそうだったのかも…。もちろん外気温はもっと高いです。)
自分も微熱で…f^_^;
暑いなーというのが、気温のせいなのか、自分のせいなのかわかりませんでした(笑)
そのうち、室温が40度を超えるようになると、体温計が機能しなくなります。
体温より室温の方が高いから…(笑)

この時期、体調を崩している人が多くて、心配です。
季節の変わり目ですからね(気温的には日本でいうところの真夏だけど…)。

今日は隣町の少し手前の知人宅に行ったのですが、すごい砂嵐。
ジープに乗っていたのですが、砂が巻き上がり、車が飲み込まれるんじゃないかと思わず目をつぶりました。
ひどい乾燥と日射しで目が痛いです。
なにせ、湿度22%…f^_^;

さて、昨日は大工さんの友人が、我が家のネズミ対策に来てくださいました。
とってもお忙しい友人なのに…本当に感謝感謝です。
とりあえずの応急処置として、断熱材をドアの隙間に埋め込んでくれました。
応急処置じゃなくて、恒久処置として十分!な出来上がりで、感動。
こうすればいいのかーと学びました。
私たち…知恵が足りない…
でも、多分、思いついても、技術がなくて無理だったかなー。
さすがでした。
ネパールの家は欠陥だらけ。
それをどうやって工夫して生活できるかが勝負なのですが、知恵のない私は不便を忍ぶという安易な方向で我慢しています(笑)
ちょっと工夫すれば、生活しやすくなることって結構あるんですねー。
いろいろ教えてくださり、助けてくださる友人たちに感謝です。
ネパール人の知恵、日本人の知恵…ホント助けてもらってます。

今まで我が家の寝室はいわゆるカーペットだったので、外からの汚れを持ち込みたくない!!と、完全閉鎖していたのですが、ツルツルのシートのようなカーペットに替えてからは、床を水拭きすればいい話なので、外から来た人が入っても大丈夫になりました。
虫の死骸も掃除しやすいし…
早くこうしておけばよかったです。



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村


ネパールの「明日」はいつですか?

2016.03.20.14:01

昨日は夜疲れ果ててしまって、ブログの更新ができませんでしたf^_^;
あ、でも、体の方はほぼ100%回復しました!
ご心配ありがとうございました。
ということで、昨日疲れ果てていたのは、ただ単に動きすぎですね(笑)
あ、あと、寝不足?(笑)
子どもか!って感じですが、なぜかこの町、日本よりもカトマンズよりも睡眠時間が必要なんですよー。
これ、ほんと不思議なんですが、しばらく滞在されるお客様にもよく言われるので、私だけじゃないはず。
だから、日本だったらこのくらい睡眠時間取っていれば普通(しかも、私、夜勤明けに普通に動ける人です)っていうくらいには寝ていても、まるで徹夜したかのような疲れが残るんです。
不思議…
って、ブログを更新できなかった言い訳をしてるだけです(笑)

暑くもなってきていて、まだ序の口ではありますが、それでも隣町(ここよりも標高があります)に行って帰ってくると、「暑い!!」と感じます。
バスで1時間なんですけど、気温は全然違うんですよね(多分ですけど、5度くらい差があります)

蚊が頑張っている季節でもあります。
本当に暑い時期は、蚊すらいなくなるのですが…
夜寝る前に蚊を殺すスプレーをすると、翌朝すごい量の蚊が落ちていて、床掃除が大変です(汗)

さて、今日は日曜日。
私たちの休日。
ファクトリーのスタッフたちに昨日会い、なぜか「じゃあ、また明日ー」って言われましたけど…
私の休みの日ってこと忘れてるかな…
やることいっぱいあるんだから、行かないぞー

ところで「明日」っていうネパール語、クセモノです。
「明日」という言葉が実は「今度」という意味で使われたりします。
特にカトマンズあたりはこの傾向が強い気がしますが…
「明日明後日」なんて言ったら、完全に「またいつかそのうち」みたいな意味合いになります。
「明日あたり」という言葉もあって、明日あたりって明日なの?それとも違うの?ってなりますが、まあ「明日とかまた今度」という意味ですね。
時を表す言葉の意図を汲むのは結構難しいんです。
「2,4日後」なんて言葉もあって、2日後と4日後じゃあ全然違う!と思うのですが、感覚的には1週間後くらいかなーと思っておけばいいと思います。
だから、本当に確実にするには、「明日会いましょう」といわれたら、「明日?日曜日ね。」と念をおした方がいいです。
いろいろ物事がうまく進まないことが多い国なので、約束事もあってないような、なくてあるような…
それでも、一応相手がどれほど本気か見極めることもできるのですが、これは慣れるしかないかもしれませんね。
私も未だに100%は見極められません…orz



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ村
プロフィール
ひまりです。 ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム