友人の引っ越し、私は風邪ひき

2017.08.31.22:31

ipadはあきらめて、パソコンから更新することにしました(泣)

今日は友人の引っ越し。
この町からバスで7~8時間の町に引っ越します。
自転車含め引っ越し荷物はすべてバスの屋根の上。
私たちがここに引っ越してきた時を思い出しました。
荷物の代金を道中ずっと交渉したなぁ…
そして、初めてのタライの暑さにぐったりしてたなぁ…
それを考えると今日の友人の引っ越しはずっとスマートです。
姪っ子(のような友人)と一緒にお引越しのお手伝いに向こうの町までついていく予定でしたが、事情により私は行けず。
つまり、風邪が治りかけで、体力が落ちているときにあの恐ろしいバス旅をしたら、病気になるぅという、自分の限界を見極めたというか、臆病風を吹かせたというか…。
「ディディ(最近アンティとは呼んでくれないのです…)と一緒じゃなかったら、私も行かない」と言っていた姪っ子が「1人でも頑張る。ディディの分と2人分頑張る。」と決意してくれ(大きくなったねぇ…と、おばちゃんな私。)、引っ越す友人ともう一人の友人、そして姪っ子をバスパークでお見送りしてきました。
7時半集合と言われ、案の定バスが来たのはその1時間後でしたが。
人の時間をとることをなんとも思わない国です…

いえ、そもそも今日の姪っ子との約束破りの原因は一昨日にあるんです。
一昨日、友人たちとドライピクニックに行ったのですが、私は前日風邪で熱を出し…
あ、これは無理かも…と思ったのですが、姪っ子が「うん、いいよ。ディディが行けないなら私もあきらめる。」としおらしいことを言うので、一晩で熱を下げるため、ありとあらゆる民間療法を試しました。
日本では効果抜群、今までもその方法で乗り切ってきましたが、ネパールでの効果は全く自信なし…(-_-;)
こちらの菌は強いと勝手に思ってますが。
葛根湯、甘酒、食用可能なアロマオイル、はちみつ…思いつく限りのものをお湯で溶かして、2リットルくらいのお湯を飲み、秘密兵器ポカリスエット、さらにアロマを炊き、こちらの風邪用オイルを塗り、足つぼ…と一晩頑張ったらどうにか熱が下がりました。
為せば成る…
で、本当はもう1日休めば完ぺきだったのですが、頑張ってドライピクニックに行って姪っ子との約束を果たした結果、ちょっとぶり返したというか、疲れ果てたというか…
もう、若くない…(;^_^A
そんなわけで、今日は姪っ子に我慢してもらいました。
無事についたという連絡があり、一安心。
魚の有名な地方ですから、魚料理を楽しんでくるかな~。
川魚も料理法ですっごく美味しくなります。

1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ




関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール
ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
リンク
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム