急に川が現れる

2017.09.06.23:57

今日は妹(のような友人)と一緒に隣町に出かけていました。
カンカン照りの暑さに「目が痛いねー」なんて言いながら、日焼け完全防備で行きました。
隣町の用事を済ませ、友人が最近開いた小さなカジャ屋さんをのぞき、さあ、帰ろう!というときになって、急に雨が降り出しました。
数日前から異常に暑かったのでそろそろ雨が降るかなとは思っていたのですが、あまりの快晴ぶりに友人たちも「雨は降らないよ」と。
それもそうかと、自分の分しかレインコートを持っていませんでした。
ところが、急に降り出した雨はどんどんひどくなり、土砂降り。
それもなかなかやみません。
とりあえず、適当なお店の店先で雨宿りさせてもらいました。
30分以上待ったころ、急にまた雨がやみ、快晴…。
無事、帰途に就いたのですが…

じゃん!

IMG_5687.jpg

来るときは小さな水たまり程度だった場所に、急に川が出現していました。
写真左端のスクーターが渡っている部分が一番浅い場所で、それより下流はどんどん深くなっています。
正直、歩いて渡るのも怖い…
妹と二人、手を取り合って渡り切りました。
で、スクーターは親切なおじさんに運転してもらったのですが、途中で動けなくなり、妹が後ろから押してどうにか対岸まで引き上げました(私は、役立たず…(-_-;))。
マフラーが水しぶきをあげていた…

そこから先は雨が降らなかったらしく、道が乾いていたので順調に帰ってきたのですが、まったく、何があるかわからないものです。
先日カトマンズに行った友人は、するする行けば12時間の道が30時間以上かかったそうです。
それはいくらなんでもひどいとしても、最近は20時間以上かかるのが普通になっています。
再来週カトマンズに行く用事があるのですが、正直、行きたくない…
早く雨季が終わってほしいです。


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール
ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
リンク
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム