村の生活…

2017.12.02.03:41

今日はインドに近い村まで足をのばしました。
かなりへき地で、ポツンポツンとある集落をいくつも越えた先に小さな集落があります。
知人宅があり、多い時で1ヶ月に2回くらい行くのですが、雨が降ったら陸の孤島。
橋のない川に道路は遮断されてしまいます。
ちなみに、今日は2ヶ月ぶりくらいです。
で、毎回毎回道が変わってる(笑)
道路は舗装されていないので、気候などの影響を受けて毎回道の雰囲気が変わります。
今日は細かい砂のような土が道路にたくさん積もっていて、バイクのタイヤがハマり、何度も転びそうになりました。
一生懸命転ばないように頑張ったので、足は砂まるけ、肩腕がひっどく疲れてます(笑)
そして川に水があったので、砂まるけのうえに水で濡れドロドロです(⌒-⌒; )

親切な知人は食事時でもないのに、食事を作ってもてなしてくれました。
今日寄った他の知人宅でも「ご飯作るので食べて行ってください。」と言われました。
遠くからの訪問客には必ず食事の心配をしてくれる文化です💛

20171202014411cb6.jpeg

ちょうどヤギの餌のための草刈りから帰ってこられた時に到着したのですが、自分の体の何倍もある量の葉っぱを背負って帰ってこられていて、感嘆。
強いです。
今日と明日の朝の分だそうです。

そこから帰って、夕方にはまた違う村の友人宅に出かけたのですが、このおうちでは末娘が水牛のための餌作りの真っ最中でした。
焚き木をたいて、大量の水を沸かし…
本当に小さい時から働き者です。
10歳になるかならないかくらいから家族全員の食事の支度を担うのも普通のこと。
小ちゃな子が赤ちゃんを背負って子守していたり…
他に家畜の世話や放牧、水汲みなどなど、小さな子どもたちも含めて家族みんなで仕事をします。
たくましいなぁ…と思います。
手伝いたくても何もできない💦

20171202034425369.jpeg
「これ、私のヤギなのー」

20171202020821253.jpeg
小学生…
でも、小ちゃなお母さんみたいです。

201712020209204aa.jpeg
水牛の餌作り。
火をたいて…
もちろん人間のご飯も作れます。


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール
ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
リンク
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム