FC2ブログ

のんびり田舎の銀行

2018.08.09.19:18

今日は…久々に炎天下をバジャール巡り。
午後の1番暑い時間帯、ファクトリーのお仕事で、布屋さんをハシゴしました。
小さな町のバジャールなので、思ったような品物が手に入らないことも多いのですが、今日は許容範囲の布を見つけることができました。
…というか、どこも品揃えは似たかよったか。
暑いので、何軒もまわると体力の消耗が激しく、ある程度のところで納得して手を打つしかありません。

もう一つ大事なお仕事が銀行。
この町にも大手の銀行が最近参入。
とても助かる…のですが、仕事慣れしていないので、時間がかかる…( ̄▽ ̄;)
ちょっと珍しいことをお願いすると1時間…
それを考えると、しばらく前から行かなきゃ行かなきゃと思っていたのですが、なかなか時間が取れず、今日になってしまいました。
でも、カトマンズほど混んでいないし、スタッフが良い人で一生懸命なので、好感が持てます。
ただ、細かい…
お金を預けるための申請書に記入して出したら、英数字とネパール語をごちゃ混ぜで書いてあるからダメ、書き直してとのこと。
つまり、10万と数字ではなく、読み方を書くところに、「エクラーク」とネパール語で書いたのがいけないらしい。
「えーっと、10万って英語でなんだっけ?」と悩んでいたら(笑。恥ずかしい😓これでも高校は国際科…。英語漬けで過ごした高校時代。全く役に立ってない!!先生、お父さん、お母さん、ごめんなさい🙇‍♀️笑笑)、「one Lakh だよ。」と教えてくれる親切な銀行員。
そうか、one lakh か…
って、いやいや、それネパール語だから!
私、さっきそれ書いてダメ出しされたから!
hundred thousandでしょ!英語は!
と、心の声を無視して、「あ、そう?」とone lakh と書く私。
その主張をしても、「いや、ワンラークだ」と言われるに決まってます。(ある人が「アンクルはネパール語だ」と主張するので、「いえ、英語です。ネパール語では“カカ”です。」と真面目に議論してしまったことがあります。若かりし頃の失敗。)
日本語のローマ字的な感じに、ネパール語をローマ字で書けばいいってことねと自分を納得させました。
(でもそうすると、ワン ラークではなく、エク ラークなんだけど…)

「あら、地名もネパール語で書いちゃった💦」と言ったら、「もう申請書汚くなっちゃったから、書き直して」だそうです。…orz
やり直し( ̄▽ ̄;)
今度は気をつけて、ワンラークとローマ字で記入し、とにかく書類を埋めました。
ツッコミどころ満載のこの申請書が通り、さっきの私の正しいネパール語の申請書が通らないってどうなんだろう…

もう一つ、今日はちょっと珍しい申請書をもらうという仕事がありました。
お客は私の他に2〜3人だけ…だったのですが、一つの申請書のフォームを出してもらうのに、1時間待ち、それでもまだ時間がかかるということで、出直しさせられました💦
ファクトリーの買い出しを済ませ、戻って新しい商品のサンプル作りをしていたら「申請書取りにおいで〜」と電話。
今日中に本当にかかってくるとは思わなかったので、逆にびっくりでした😁
取りに行くと、お客さんは誰もいない…
ひとりのお客さんにゆっくり向き合える環境ですね。良いのか悪いのかは謎ですが。
まあ、金融機関やお役所は日本でも結構煩わしいですよね。

あ、でも、なんと!
銀行内は冷房がかかっていました!!
この町では非常に珍しいことです。
さすがネパールでもかなり大手の指折りの銀行の支店だけあります。
一息つけました。

1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール
ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
リンク
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム