FC2ブログ

ネパールでライセンス(免許証)をなくして気落ちしているあなたにこの記事を贈ります…

2018.09.12.18:16

さあ、いろいろいろいろ…のひとつ、ライセンス紛失事件。
ライセンス(運転免許証)、パスポート、ブルーブック(スクーターの権利書みたいなもの)を一気になくしました。
先回来た時、ガイジャトラという祭りの最中で、布などの買い出しのために歩いたアサン、ニューロードがすごい人混みだったんです(もともと人混みのすごいところではありますが)。
買い出しの方に意識がいっていたので、ポーチがなくなったことに全く気づかなかった!
落とすわけもないので、スられたかなぁと思うのですが…
ネパールって割と安全だと思っていたので、びっくりしました。
そういえば最近、路上生活っぽい子どもたちも増えていて、逆に綺麗なお店も増えていますが、とにかく私が住んでいた頃のカトマンズとはかなり変わってしまったのかもしれません。
「実は…」なんて友人たちに話したら、「私もスられた」なんて話が普通に次々と出てきました。
かなり気をつけていても上手にスられるそうです。
だとしたら、田舎者の私は格好のカモだったのかも( ̄▽ ̄;)
とはいえ、なくしたポーチの中には現金は1500ルピー程度。
大した儲けにならなかったと思うのですが、それよりずっと大切な証明書類関係が入っていたわけです。
お金払うから返してー😭と言いたい気分。
でも、嘆いている場合じゃありません。
もう、本当にバカ!!と自分を責めてる場合でもありません。
どれも必要不可欠なものばかり。
新規作成のため、行動あるのみです。
ネパール…とお役所関係の仕事が非常に面倒くさいこの国で、これだけの書類を一度に作るなんて、気が遠くなりそうですが、とにかく情報集め、必要な書類集めから手をつけ、ブログのネタにして今後同じような目にあった人のための参考になることを目標に(笑。転んでもタダでは起きないこの性格ε-(´∀`; ))、頑張りました。
結論から言うならば、なんとかなります。
同じ様な目にあって嘆いているあなたへ(あんまりいないかもしれませんが…)、贈りたい言葉は「大丈夫!嘆いてる場合じゃない!為せば成る。」です(⌒-⌒; )

とりあえず、今日は「ライセンス(免許証)紛失したら…」編です。
まずは、ライセンス、紛失する前にコピーをとっておきましょう。これ大事。
せめて、ライセンス番号は控えておきましょう。
話がスムーズに進みます。
なくなさいし!と自信満々でも、何があるかわからないのがネパールですから、やっぱりコピーしておきましょう。
タブレットか携帯で写真を撮っておくのもアリだと思います。

ライセンス再発行に必要な書類は身分証明書のコピーと警察の紛失証明(ニベダン)です。
身分証明書のコピーというのは私たちの場合は、パスポートの顔写真が写っている欄のコピーです。
ネパールの警察はきれいに担当が分かれています。
ライセンスやブルーブックをなくした場合は、トラフィックポリスにお世話になります。
今回、私が行ったのはプタリサダック(ビショバシャキャンパスやビルクティマンダップのある通りとイミグレオフィスのある通りの真ん中をつっきている道路をタパタリ・クーポンドル方面に少し歩いたところです。)です。
他でもできるのかどうかはよくわかりません。
まず、中に入ってカジャ屋さんのようなところで申請書を買います。
免許証用とブルーブック用と分かれているので、両方欲しい場合は両方の申請書を買ってください。
私は両方買って6ルピーでした。
それから外に出て、ゲート近くにパラソルを差して座っている警官のところに行き、助けて欲しいと伝えます。
さっさと必要事項を書いてくれるので、自分で頑張るのはやめましょう。
ここで判明した事実。私のスクーターはカトマンズで登録したわけでないので、ブルーブックの申請書はここの警察では受け付けてくれないのだそう。
登録したヤタヤタの管轄の警察に行かないといけないそうです。
ちなみに、ブルーブックの申請書にはナンバーを書く欄があるので、自分のバイク(orスクーター)のナンバーは控えておきましょう。
出来上がった申請書は警察入り口のゲートのところにある守衛さんが座っていそうな小さな部屋に提出します。
二箇所窓口がありますが、道路に面している方が、紛失届け用です。(もう一方はかなり混んでいますが、紛失の窓口は空いています。)
ここでもパスポートのコピーが必要です。
(手に持っておきましょう。たまたまかもしれませんが、かなりせっかちなおばちゃん警官でした。)
申請書を渡すとナンバーと取りに来る日を告げられます。
私の場合は翌々日でした。
ナンバーは覚えておきましょう。
ニベダンを受け取る際に必要です。

さて、翌々日、10時のオープンに合わせて警察に行きました。
申請書を出したのと同じゲート横の窓口で、ナンバーを告げると、ニベダンを渡してくれ、受け取ったことをサインさせられました。
それからいよいよヤタヤタです。
警察署からさらに下り、マイティガールからバスに乗りました。
通勤通学時刻と重なり、大混雑。
エカンタクナ行きもあるはずですが、諦めて、本数の多いおかげで割と座れるラガンケル行きに乗り、ラガンケルバスパークでエカンタクナ行きに乗り換えました。
久しぶりのヤタヤタです。
良い思い出が全くない…というか、かなり嫌な思い出ばかりのヤタヤタですが…
意外にも今回は割とスムーズでした。
新規でなく、紛失だからかもしれませんが。
カウンター(多分更新の受付も同じ。ゲート入ってすぐの窓口。)に、ニベダンとパスポートのコピーを提出すると、トークンナンバーを渡されます。
建物の中に入って自分のナンバーがスクリーンに表示(音声案内もあり)されたら、その番号のところに行きます。
201809122110248ca.jpeg

ここで写真を撮ったり、指紋を撮ったり、サインをしたり…
私の場合は紛失なので、今までのライセンスのためだけに申請するか(500ルピー)、更新もするか(5年用。紛失したライセンスに残っていた分は消える。)聞かれました。
私はあと2年残っていましたが、また来るのが面倒くさいので更新(バイクだけだと1500ルピー。私は車もつけてあるので2000ルピー。紛失の分の手数料を合わせると2500ルピー。)することにしました。
更新もとなったので視力検査に回されます。
視力検査用のチケットをゲートのところに戻って購入。
40ルピーだったかなぁ。忘れました。
この時、ニベダンに貼り付ける10ルピーのチケットを近くの路上のお店(10ルピーのチケットくださいといえばわかります。)で買っておくと後が早いかもしれません。(買ってなければ、後で買ってこいと言われます。)
視力検査を終えたら、書類を全部持って、14番だか13番だか忘れましたが、裏側の窓口へ。
20180912210942ee2.jpeg


続いて隣の窓口で書類を渡し、お金を払い、ビルをもらって終了です。
この辺は同じ作業をしている人がいっぱいいるので、わからないことはその人たちに聞くことができます。助け合い♪
最後の窓口のところに「SMSを送って、免許証ができたかどうか知ることができます」という案内が貼ってあるので、写真を撮るかメモするかしましょう。
これです⬇︎
20180912210907312.jpeg

ビルに自分の問い合わせ用の番号が書いてあるのですが、文字が不鮮明なことがあるので、読めるかちゃんと確認しておきましょう。(読めなかったら、手書きでメモしてもらいましょう。)

ちなみに、免許証ができるのは7ヶ月後だとか9ヶ月後だとか…( ̄▽ ̄;)
それまではビルが免許証がわりです。
20180912210912da7.jpeg

なくしそう…
(笑)
これでビルもなくしたら、バカすぎて誰にも同情してもらえないですね(ーー;)
もしそんなことになったら、穴を掘って埋まりたいと思います。
でも、一応、すぐに写真を撮りました。…。
ヤタヤタに到着してからここまで、ざっと1時間。
新規の免許証を作るのに2日だか3日だかかかって、最後は半泣きだったことを考えると、素晴らしい。
なんとなく、感謝したい気分でした。

あとは、7ヶ月後だか9ヶ月後だか1年後だか知りませんが、SMSで免許証が発行されたかどうかチェックして、受け取りに来るだけです。
受け取りは隣の建物の6番窓口だそうです。

ね!できそうですよね!
私と同じ目に遭っているあなたへ…
めげずに頑張ってください(о´∀`о)

次回はパスポート紛失編です…orz

1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール
ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
リンク
お気に入り
格安航空券はこちらから      お買い物はこちらから      こちらもどうぞ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム