困難な道…

2017.07.16.02:12

先ほど友人がカトマンズ行きのバスに乗りました。
最近、土砂崩れのせいで、やたら時間のかかるカトマンズへの旅。
それでも昨日から夜間通行止めが解除されたらしいので、順調に行けるといいなぁと思っているのですが…
私もお役所関係の仕事のために一緒にカトマンズに行こうと思っていたのですが、前回の25時間のバス旅に懲りて今回は見送りました。

カトマンズ行きに限らず、雨のせいでこの町の近くの村までの道もひどいことになっています。
場所によっては通行止め。(丸太で道をふさいでありました)
川が増水して3分の1くらい道を流してしまったそうです。
通行止めにしていない道もひどい有様…
もともと凸凹の道が、雨でぬかるみ、それが乾いてさらに凸凹。
バスに乗ると、大荒れの船に乗ってるのかと思うくらい揺れます💧
徒歩ですら、知人宅に行こうと思って出かけて、結局二進も三進も行かなくて引き返す…なんてことがあります(^_^;)





1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ

道って何ですか?

2017.07.12.01:01

哲学的なタイトルですが、全くもって哲学ではなく、そのままの疑問です。
今朝、知人宅へ急いでいました。
ここのところ毎日降る雨のせいで足元はかなりぬかるんでいました。
原っぱを歩いていたのですが、田んぼ状態。
足を一歩進めるたびに、ジャバ、ズボと水たまりやぬかるみにはまります。
ここで姪っ子(のような友人)の一言にびっくり。
「この道、続いてるかなぁ。こっちの道にしよう!」
え…
これ道だったの?
私にはどう見ても原っぱ、適当に歩いているようにしか思えない…

実は今までにもなんども同じような疑問にぶち当たったことがあります。
こちらでは、要するに、人が歩いた形跡があればそれを「道」と言います。
獣道とも言えないような、ちょっと草に踏み跡があるだけでもそれは道です!
だから、原っぱやジャングルの中を適当に歩いているようでいて、ちゃんと道を探しながら歩いているのです。
結果、「道あってるかな?」とか、「この道ちゃんと目的地にまで繋がってるかな?」という発言になるわけです。

姪っ子の道案内(?)のおかげで無事(?…足はドロドロでしたが)知人宅に到着できました。

結論、道なき道でも道を間違えることはあり得ます。
最初の疑問と答えが全くズレてる…(^_^;)

20170712005955bf9.jpg


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ

クイズです

2017.07.11.00:30

これなーんだ?

20170711002932be4.jpg



正解…先日友人からいただいたプレゼントの鶏の足です。
自分でしめたそうで、大きな塊でくださったので、義姉(のような友人)にもおすそ分け。
姪(のような友人)になたで半分に切ってもらいました。
それから、家で包丁をなたがわりに骨ごとぶつ切り。
ネパール式の鶏のスープを作りました。
料理はちょっと大変でしたが、美味しかったです😋
友人に感謝!


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ

最近のくだらない冗談…

2017.07.10.03:05


雨だと蒸し暑く、晴れると朝っぱらからド暑い!!のが最近の感じ。
最近はスクーターでの移動が多かったので、先日久しぶりにバスに乗ったらその蒸し暑さにげんなりでした(^_^;)
汗がタラタラ流れるので、「シャワー浴びたみたいだよねー。このまま石鹸をつければいいんじゃない?」と冗談。
ところが夕方からは雨が降り始めました。
土砂降り。
あっという間にまたびしょびしょです。
「ちょうどよかったねー。このまま石鹸で洗っちゃいなよ」とこれまた半ば本気かと思う冗談。
気温も30度以上は必ずありますが、湿度も80%以上なので、洗濯物が乾きません…💧
早く雨季抜けてほしいなぁと思うけど、雨季を抜けるともう1回暑〜い夏がやってくるんですよね。
今も蒸し暑いけど…

チョウダリさんたちはみんな田植えで忙しそうです。
20170710030436441.jpg
牛や水牛が田んぼを耕す横でトラクターも活躍するようになってきました。



1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ

奇跡のキノコを食す

2017.07.02.23:24

ついに、ついに、長年の悲願!
フトキを、トリュフを食しました!!
兄(のような友人)夫妻が食事に呼んでくれました。
「朝早起きして、キノコ採ってくるから〜」と親切な義姉。
しかし、その後ポロッと言った一言。
「今朝もフトキが採れたから食べたのよね〜」
なぬう!聞き捨てならん!
思わず義姉に抱きついて、「どうして、どうして呼んでくれなかったの?」と叫んでしまいました(笑)
戸惑う義姉…
「今年はジャングルが火で焼けたでしょ。だから、フトキがたくさん出てるのよ」
…そんなことは、そんなことは、どうだっていい!
私はフトキが食べたいんだーW(`0`)W
…失礼(^^;;
あまりの剣幕に驚いた義姉は翌日もフトキを採りに行くことを約束してくれました。
そして、翌日、期待と不安を胸に兄の家へ。(そんなに大げさなことでは決してない。でも、この大したニュースもない田舎生活では、一大事…^_^;)
期待は実現しました。
水牛肉のおかずや何種類ものアチャールという豪華なおかずすら私の目には脇役にしか映りません。
マッシュルームのようなフトキにくぎ付け。
これが親友が「奇跡のキノコ」と評したシロモノか。
ひとつ、そっと口に入れてみます。
美味しい。
山椒が効いていて…
って、そうなんですよ。
こちらの方法で料理してしまうと、味の違いがイマイチわかりにくい。
いえ、すっごく美味しいんですけど…
もう一度、ゆっくり味わってみます。
外はカリッと、中はクニュっと。
おお、これが親友の言っていた「二重構造」なのだな。
親切な義姉は「私たちは毎日食べているから」と私たちにこれでもかというくらい食べさせてくれました。
幸せでした。
でも、次はオリーブオイルとかで炒めて食べてみたい…(ああ、わがまま…💦)


1クリックの応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
にほんブログ

プロフィール
ひまりです。 ネパール、インドに近いタライ平野に住んでいます。 本業は助産師。 雑貨工房設立という新しい分野に挑戦中です。
お気に入り
格安航空券はこちらから
カテゴリ
最新記事
最新コメント
welcome
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム